日産 デイズルークスの荷室の広さはどれぐらい?

2014年に発売し、2016年12月にマイナーチェンジをむかえた日産デイズルークスは、広さと使い勝手を両立したスーパーハイトワゴンです。車内空間・座席の広さはもちろん、荷室も使い勝手に直結する大事な要素。今回は高い人気を誇るデイズルークスの荷室に注目しました。

文・PBKK

Chapter
通常時の荷室の広さ
後席格納時の荷室の広さ
荷室の使い勝手がよくなるオプション

通常時の荷室の広さ

デイズルークスの外観

通常時の荷室の広さは次の通りです。

開口高:1,080mm
開口幅(最大部):1,090mm
奥行き:260mm~520mm
開口部地上高:600mm

後部座席は、260mmのスライドが可能。積載する荷物の大きさに合わせることはもちろん、後部座席に座る際も体型に合わせた柔軟な広さを設定できます。

後席格納時の荷室の広さ

デイズルークスの車内

では、後部座席を格納した際の広さはどのくらいになるのでしょうか。数値は次の通りです。

開口高:1,080mm
開口幅(最大部):1,090mm
奥行き:1,320mm
開口部地上高:600mm

後席を格納することで奥行きが格段に増し、27インチ自転車を分解せずにそのままの状態で積載できます。座席の格納はワンタッチで可能で、ヘッドレスト横にあるレバーを引くと座席が倒れます。座席側、荷室側からの両方から操作ができるのでとても便利です。

また、後部座席は分割可倒式シートを採用しているため、片方だけを格納することもでき、後部座席に一人座っていても片方だけ倒せば荷室の奥行きを最大限活かすことができます。

次ページ
荷室の使い勝手がよくなるオプション