日産 デイズルークスの欠点は?

2016年12月にマイナーチェンジをむかえた日産 デイズルークス。お子さんが車内で立てるほどの室内高や26cmもスライド可能な後席など使い勝手の良い一台です。しかし、そんなデイズルークスには競合車と比べると見劣りする点がいくつ存在します。今回はそれらの欠点を紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
見劣りする燃費性能
プロパイロットが未搭載
スライドドアに肩がぶつかる可能性

見劣りする燃費性能

デイズルークスの外見

燃費性能は車選びにおいて重要なポイント。デイズルークスの燃費性能は競合車とくらべて劣っていると感じました。

まずは、デイズルークス(FF車)の燃費性能を見ていきます。
Sグレード:22km/L
ハイウェイスターXターボ:22.2km/L

対して競合車であるホンダN-BOXとダイハツ タントの燃費性能を見てみましょう。

N-BOX(FF車)
Gグレード:27.0km/L
G・Lターボ:25.6km/L

タント(FF車)
Xグレード:27.2 km/L
X ターボ:25.2 km/L

数値で見るとわずかな差ではありますが、長期間になればなるほどお財布への負担は大きくなっていきます。ただ、デイズルークスを見てわかるのは、ノンターボ車とターボ車の燃費性能がほとんど変わらないこと。

ターボ車はノンターボ車と比較して燃費が悪くなることが一般的です。燃費性能の面ではデイズルークスを購入する際にノンターボ車とターボ車で迷うことはなさそうです。

プロパイロットが未搭載

デイズルークスの運転席

自動運転技術であるプロパイロットはいまや日産のシンボル。2016年に日本初の技術として誕生し、操作はハンドル右側のスイッチで行うことができ非常に簡単です。セレナやエクストレイル、軽自動車のデイズにもプロパイロットが搭載されていますが、デイズルークスには未搭載。しかし、一通りの先進技術が搭載されています。

踏み間違い衝突防止アシスト
前進時と後退時の衝突回避をアシストします。進行方向に壁やガラスなどの障害物がある場合に、ブレーキ操作が遅れたり、アクセルとブレーキを踏み間違えるとドライバーに警告。さらに、自動的にエンジンの出力とブレーキを操作し衝突を回避します。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ
前方車と歩行者を検知し、衝突する恐れがあるとメーター内の警告灯表示とブザーでドライバーに警告。ドライバー側のブレーキ操作が間に合わない場合は自動でブレーキ操作を行います。

LDW(車線逸脱警報)
意図せず車線を逸脱しそうな時にメーター内の警告灯表示とブザーで注意喚起。さらに、ドライバーに車線内に戻るよう操作を促します。

上記で述べた先進技術はほんの一例。デイズルークスにはプロパイロットが未搭載ですが、多くの先進技術が込められていることが見てわかります。また、2020年にデイズルークスの新型が発売するとされています。新型にはプロパイロットの搭載が期待できそうです。

次ページ
スライドドアに肩がぶつかる可能性