日産自動車は新型ルークスを発表!価格は141万5700円から

日産自動車は2020年2月25日に新型ルークスを発表しました。日産 ルークスは、2013年に発売したデイズ ルークスの後継車種。日本で人気の後席(リア)スライドドアを備えた全高の高いスーパーハイトワゴン型と呼ばれるタイプの軽自動車です。三菱自動車がすでに発表しているeKスペースやeKクロス スペースの兄弟車にあたるのが日産 ルークスです。

文・栗原 祥光

Chapter
新型ルークスの概要
エクステリアはお馴染みのVモーショングリルを採用
新型ルークスは使い勝手は大幅に向上!
ハイウェイスターは電動スライドドアなど快適装備が充実!

新型ルークスの概要

日産 ルークス

開発は昨年に登場した軽自動車、デイズと同様で日産と三菱自工の合弁会社であるNMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)が担当し、三菱自動車が生産を請け負う。

日産 ルークス

日産 ルークスは、標準仕様とエアロパーツを搭載したハイウェイスターの2グレードをラインアップ。

日産 ルークス

エンジンはデイズ同様、標準仕様が直列3気筒ノンターボエンジンのみ、ハイウェイスターにはノンターボエンジンのほか、直列3気筒ターボエンジン+ハイブリッドが選べます。

日産 ルークス

駆動方式は2WDのほか、ハイウェイスターには4WDも用意されており、高い走行安定性に期待です。

エクステリアはお馴染みのVモーショングリルを採用

日産 ルークス

エクステリアは、標準仕様・ハイウェイスターともに近年の日産車ではお馴染みとなったVモーショングリルを採用。

ボディカラーは12色と多彩なバリエーションに2トーンを5色、計17色を用意する。

新型ルークスは使い勝手は大幅に向上!

日産 ルークス

機能面における最大の特徴は、日産が誇る高速道路の同一車線での運転支援技術「プロパイロット」の搭載だ。

日産 ルークス

デイズと比べ、新東名の時速120km/h区間などの高速域にも対応するため、カメラだけではなくソナーも備え、パドルシフトも装備。

日産 ルークス

下り坂などでのエンジンブレーキ操作を手元で行えるようになった。

日産 ルークス

そのほか、エンジンブレーキだけでは十分な減速ができないような急な下り坂で、一定の低車速を保ち走行を補助する「ヒルディセントコントロール」を装備。

日産 ルークス

さらに、ミリ波レーダーの採用により夜間での性能が向上した「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」をはじめとするサポートシステムも搭載したほか、すでにスカイラインなどにも搭載されている、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速など自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載した。

日産 ルークス

また新たに、対向車がいてもハイビームを維持できるハイビームアシストの進化機能である「アダプティブLEDヘッドライトシステム」

日産 ルークス

前方の車両進入禁止標識・最高速度標識・一時停止標識の3つの標識を検知する「標識検知機能」ほか、「インテリジェント DA(ふらつき警報)」「先行車発進お知らせ」などを搭載した。

日産 ルークス

さらにハイウェイスターにはあおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を標準装備。より家族に安心・快適なクルマへと進化させている。

ハイウェイスターは電動スライドドアなど快適装備が充実!

日産 ルークス

日産 ルークス ハイウェイスターでは、電動スライドドアを搭載。

日産 ルークス

さらに後席(リアシート)には、スマートフォンの充電に便利なUSBレセプタクルやシートテーブルなども装備。

日産 ルークス

フルフラットの床面とホイールベースを拡大することで、より利便性が高く、より後席(リアシート)の居住性が快適なクルマへと進化している。


新型コロナウィルス感染症の影響により、インターネット中継で行われた発表会。日産自動車の星野執行役副社長は、このように強い意気込みを語った。

「2020年、日本は世界中から注目を集める年です。私達は日産の先進技術で皆様にワクワクをお届けします。日産 ルークスはその第一弾です。一年前、日産は軽自動車を変革すべく、様々な先進技術を投入しました。私達が提案した価値観は皆様に支持され、さまざまな賞をいただくことができました。そのDNAを継承したのが、このルークスです。このクルマは、日産が考えに考え抜いた自信のある1台です。必ずや技術の日産の本気度がわかってくださるのではないかなと思います。私達は続々とニッサン・インテリジェント・モビリティを各セグメントに投入し、皆様にワクワクを提供していきたいと思います。」

栗原 祥光|くりはら よしみつ

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光|くりはら よしみつ