日産 デイズルークスの現行モデルとモデルチェンジ前の違い

2014年、三菱との共同開発で誕生した日産 デイズルークス。スーパーハイトワゴンクラスの人気車種として知られ、2016年12月にはマイナーチェンジをむかえました。今回はマイナーチェンジ前と現行モデルとの違いについて紹介します。

文・PBKK

Chapter
エクステリアとインテリアの改良
新装備の実装でより便利に
新商品の登場

エクステリアとインテリアの改良

デイズルークスが並んでいる写真

今回のマイナーチェンジで、大きく改良されたのがエクステリアとインテリアです。標準モデルと上位モデルにあたるハイウェイスターともに改良がなされました。それぞれ紹介していきます。

まずは、標準モデル。フロントグリルには、最下部にメッキバーを配しフロントライトとつなげることで更にワイドさを表現。マイナーチェンジ前はフロントグリルのバーの太さが均等でしたが、現行モデルはフロントライトとつながる最下部のみを太くし、Vモーションをモチーフにした日産らしいデザインへと変更されました。

次にハイウェイスター。先代のハイウェイスターは、4本ある横バーの内の上から2本目が最も太くワイルドな印象がありました。しかし改良後は、新しいVモーショングリルと大胆な開口デザインのバンパーを採用し、上位モデルに値する高級感漂うデザインへと改良されました。

インテリアには、標準モデルとハイウェイスターに同じくプレミアムグラデーションインテリアを新設定。ダイヤキルティングパターンのグラデーションクロスと合皮のコンビシートを採用することにより、お子さんの食べ汚れなどを簡単に拭き取ることができます。

また、カラーバリエーションは14色から、ツートンカラーを含む20色に増えました。

新装備の実装でより便利に

デイズルークスの車内

マイナーチェンジでは新装備が搭載されました。どんな装備が追加されたかを紹介します。

・ハイビームアシストを採用
先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能です。

・クルーズコントロールを一部グレードに標準装備
ドライバーが希望する速度を設定し、その速度を維持できるように車側で自動的にアクセル操作を行う機能です。高速走行時の疲労を軽減します。

・「ナノイー搭載リヤシーリングファン」と「スピード消臭シート」を軽自動車として初採用
花粉・黄砂・PM2.5に対応した高性能エアコンフィルターと合わせて使うことで、車内の空気をキレイに保ちます。

次ページ
新商品の登場