日産 デイズルークスの後部座席(リアシート)の使い勝手は?

日産 デイズルークスは、2016年12月にマイナーチェンジをむかえた軽ハイトワゴン。軽ハイトワゴンの強みは使い勝手と室内空間の広さにあります。その中でも今回は後部座席の使い勝手に注目。多くのメーカーがしのぎを削る軽ハイトワゴンの中で、デイズルークスの後部座席にはどんな特長があるのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
直立でも余裕のある室内高
シートスライド幅は驚異の数値!?
座席の背面を上手く使った収納機能

直立でも余裕のある室内高

デイズルークスの外観

デイズルークスの後部座席の広さは具体的にどのくらいなのでしょうか。室内と後部座席の寸法をそれぞれ確認していきます。

室内寸法
・長さ:2,235mm
・高さ:1,400mm
・最大幅:1,320mm

室内高1,400mは、軽ハイトワゴンの中でもトップクラス。お子さんが立った状態でもまだ余裕があるほど広々で、着替えもラクラク行えます。次に後部座席の広さを見てみましょう。

後部座席の寸法
・長さ:520mm
・高さ:1,080mm
・幅:1,100mm

男性二人が座っても窮屈に感じることはありません。お子さんの送り迎えから、普段の買い物、荷物の積載、男友達4人でのお出かけまでマルチに活躍できる広さです。

シートスライド幅は驚異の数値!?

デイズルークスの室内

後部座席の強みは、広さだけはありません。デイズルークスは、軽ハイトワゴンでトップの性能を誇る26cmのスライドが可能です。さらに座席は、左右別々にスライドします。それにより、片方の座席は荷室を広げるために手前に移動させつつ、もう片方は足元に余裕をもたせて座ることができます。

後席に座るお子さんを運転席に接近させ、運転席に座りながらお子さんをお世話するなど、シーンに合わせた柔軟なシートアレンジを選択できることもデイズルークスの強みと言えるでしょう。

次ページ
座席の背面を上手く使った収納機能