【プロ解説】ポルシェカイエンのグレードの違いを徹底解説!!

ポルシェカイエンターボ 萩原文博

ポルシェ カイエンは、様々なターボエンジン、やハイブリッドエンジンなど様々なエンジン、グレードを揃えています。2019年ポルシェは、カイエンにクーペモデルを追加するなど、更にユーザーが選ぶ幅を広げています。ここでは現行型カイエンのグレードによる違いをベースグレードから価格順で紹介・解説していきます。

文/写真・萩原文博

Chapter
ベースグレードであっても装備は抜かりなし。ポルシェ・カイエン
素のカイエンでプラグインハイブリッドモデルを選ぶなら、カイエン E-Hybrid
V6エンジンの最高グレード。それが、カイエン S
ガソリンV8のエンジンパワーが炸裂する。カイエン ターボ
カイエンシリーズ最上級である、カイエン ターボ S E-Hybrid
カイエンはポルシェ911のSUV版?!【ポルシェ カイエン ターボ】約総額2500万円のカイエンターボを試乗レビュー!!【試乗編】
総額2500万円? 550馬力【新型ポルシェ カイエン ターボ】ポルシェカイエンの外装、内装、荷室など徹底解説!!【解説編】

ベースグレードであっても装備は抜かりなし。ポルシェ・カイエン

ポルシェのミドルサイズSUV、カイエンのエントリーモデルが車両本体価格1030万7407円のカイエンです。

搭載しているパワートレインは最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3L V型6気筒ターボエンジン+8速ティプトロニックSです。

車両安定装置にはABS、ASR、ABD、MSRを統合した走行安定システムポルシェスタビリティマネジメント(PSM)を採用。

ポルシェトラクションマネジメントシステム(PTM)を標準装備しています。標準装着のタイヤサイズはフロントが255/55ZR19、リアは275/50ZR19となります。最高速度は245km/hです。

ボディサイズ:全長4920mm×全幅1985mm×全高1695mm
エンジン種類:2994cc V型6気筒DOHCターボ
最高出力:250kW(340PS)/5300-6400rpm
最大トルク:450Nm/1340-5300rpm
0-100km/h加速:6.2秒
ミッション:8速ティプトロニックS
乗車定員:5人
車両本体価格(消費税込)10,307,407 円 (ティプトロニックS)

素のカイエンでプラグインハイブリッドモデルを選ぶなら、カイエン E-Hybrid

カイエンのプラグインハイブリッドモデルのエントリーモデルが2019年6月に導入された車両本体価格1238万5185円のカイエンE-Hybridです。

搭載しているパワートレインはシステム最高出力462ps、最大トルク700Nmを発生する3L V型6気筒ターボエンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステムと8速ティプトロニックSです。


電子デバイスや装着するタイヤサイズはカイエンと同じです。最高速度は253km/hです。

カイエン Eハイブリッド Moonlight Blue Metallic

ボディサイズ:全長4920mm×全幅1985mm×全高1695mm
エンジン種類:2995cc V型6気筒DOHCターボ+モーター
最高出力:340kW(462PS)/5250-6400rpm
最大トルク:700Nm/1000〜3750rpm
0-100km/h加速:5.0秒
ミッション:8速ティプトロニックS
乗車定員:5人
車両本体価格(消費税込):12,385,185 円 (ティプトロニックS)

<次のページに続く>
新車見積もり
次ページ
V6エンジンの最高グレード。それが、カイエン S

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博