【プロ解説】ポルシェ カイエンターボの維持費を徹底解説!!

ポルシェカイエンターボ 萩原文博

今回試乗したカイエンターボの車両本体価格は1937万2222円。実際に乗るための諸費用や燃料代、保険料などは一体どれくらいかかるか調べてみました。搭載するエンジンは4Lという大排気量ですし、車両重量も2トンを超えるカイエンターボの税金などの維持費はどれくらい掛かるのでしょうか。今回は、カイエンターボの維持費を解説して行きます。

文/写真・萩原文博

Chapter
ポルシェ カイエンターボにかかる税金をチェック!重量税は?自動車税は?
ポルシェ カイエンターボにかかる任意保険料は?
ポルシェ カイエンターボにかかる燃料代は?カイエンターボはコスパ高い?!
ポルシェ カイエンターボにかかる車検費用をチェック!
ポルシェ カイエンターボにかかるメンテナンス費用は高い?
総額2500万円? 550馬力【新型ポルシェ カイエン ターボ】ポルシェカイエンの外装、内装、荷室など徹底解説!!【解説編】
カイエンはポルシェ911のSUV版?!【ポルシェ カイエン ターボ】約総額2500万円のカイエンターボを試乗レビュー!!【試乗編】

ポルシェ カイエンターボにかかる税金をチェック!重量税は?自動車税は?

ポルシェ カイエンターボにかかる重量税をチェック!

カイエンターボの車両重量は2230kgなので、重量税は6万1500円です。

この金額は車検の際に掛かりますので新車購入時は3年分を支払います。1年に換算すると2万500円となります。車両重量が2トンを超えると重量税もかなり高額となります。

ポルシェ カイエンターボにかかる自動車税はやっぱり高い?

カイエンターボのエンジンは3996ccなので、自動車税は1年分で5万円。購入時には環境性能割として35万8800円掛かります。

ハイブリッド車などのエコカーでは環境性能によって割安となりますが、やはり550psを発生するハイパワーエンジンのカイエンターボではこの環境性能割を多く支払う必要があります。なお、自賠責保険は、購入する際、自賠責保険は37カ月加入するので、3万170円となります。この金額は乗用車では全て同じ金額となります。

ポルシェ カイエンターボにかかる任意保険料は?

ポルシェカイエンターボの任意保険料は運転者の年齢50歳、年齢制限無しで30歳以上補償。運転免許証の色はゴールド以外、使用目的は家庭用、年間走行距離9000km以下、保険証券を発行しないという条件で見積もりをしたところ、最もベーシックなプランで年間5万9930円となりました。

これには車両保険が付いていません。見積もりを行った保険会社ではカイエンターボのような高額車は車両保険を付けることができませんでした。

車両本体価格が約2000万円というカイエンターボですから、車両保険を掛けるとなると、かなり高額になるのは避けられません。

<次のページに続く>
次ページ
ポルシェ カイエンターボにかかる燃料代は?カイエンターボはコスパ高い?!

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博