ジャガー XFスポーツブレイクの多彩なシートアレンジとリアシートの使い勝手の良さはいかに?

押し出しの強いダイナミックなボンネットと、存在感のある精悍なフロントフェイスが特徴のジャガー XFスポーツブレイク。流麗なシルエットを持つボディの中身には奥行きのある室内空間が広がっています。そんな広い室内は乗車した人がくつろげるようにさまざまな快適装備がされています。

その中でもシートアレンジは、さまざまな状況に応じて車内のスペースを調節できるので非常に便利です。今回は、ジャガー XFスポーツブレイクの多彩なシートアレンジとリアシート(後部座席)の使い勝手についてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
シートアレンジで変わるラゲッジスぺース
使い勝手の良いくつろぎのリアシート
触り心地の良いリアシートの素材にも注目

シートアレンジで変わるラゲッジスぺース

XFスポーツブレイクの乗員定員は最大5名。フロントシートに加え、40:20:40の3分割可倒式リアシートが採用されています。それぞれ独立して倒すことができるシートアレンジは、乗車人数と乗せる荷物の量や種類に応じて車内をカスタマイズすることができます。

たとえば、リアシートの中央のみを倒して、ラゲッジスペース(荷室)からリアシートを突き抜けるように長さのある荷物を積み込んだり、片側だけを倒して背の低い自転車を積み込んだりとさまざまな場面に対応します。

ラゲッジスペースの容量は、リアシートを全て使っている通常の状態で565L、リアシートを全て格納した状態なら最大で1,700Lまで拡大。リアシートの格納自体も簡単に行えるようになっています。ヘッドレスト横のレバーにより個別で操作するか、ラゲッジスペースに設置されているスイッチによりアレンジすることが可能です。

使い勝手の良いくつろぎのリアシート

ジャガー XFスポーツブレイクは、2,960mmという長いホイールベースにより、奥行きのある車内と広々としたリアドアを実現しました。そのためリアシートへの乗り込みが楽に行えるようになっています。

リアシートにも乗員がリラックスして座ることができるように、座面に程よい角度が付けられています。自然に膝が上がるような体勢になることで、長時間のドライブの際にも疲労感やストレスを軽減し、ゆったりと車内で過ごすことができるのです。

シートに深く腰かけるこの独特な設計のおかげで、XFスポーツブレイクは同クラスでもトップクラスの広大な995mmヘッドルームと957mmのレッグルームを実現しました。膝からフロントシート背面までのニールームも広々としており、身長160cm前後の女性が座っても握りこぶし3~4個分のスペースが確保されています。

また、センタートンネルはわずかに張り出しがあるものの、引き出せばアームレストになるうえ、2本分のドリンクホルダーまで装備。さらに、窓には引き上げて固定する方式のロールサンシェードも装備されているので、日差しが気になる方や小さな子供を乗せるときにも、紫外線を気にせずドライブを楽しむことができます。

次ページ
触り心地の良いリアシートの素材にも注目