ジャガー XFスポーツブレイクのインパネには便利な先進機能が盛りだくさん!

インパネは、ドライバーの視界に入り続ける、言わばそのクルマの顔とも呼べる重要な部分です。ジャガー XFスポーツブレイクのインパネは、伝統あるイギリスのブランド ジャガーに相応しい実用性と機能美に溢れています。今回は、ジャガー XFスポーツブレイクのインパネの機能についてご紹介します。

文・PBKK

Chapter
ドライブをサポートするインタラクティブドライバーディスプレイ
使い勝手抜群なタッチスクリーン
タッチスクリーンでスマホの操作ができるスマートフォンパック
さらに車内でWi-Fiも使える!?
スタートボタンを押すだけでドラマチックな車内を演出

ドライブをサポートするインタラクティブドライバーディスプレイ

ジャガーXF

運転中、ドライバーが最も目にする時間が長いであろうインタラクティブドライバーディスプレイは、12.3インチサイズ。速度や燃費、ナビゲーションや電話だけではなく、エンターテインメントやアクティブセーフティに至るまで全ての情報をリアルタイムで表示することが可能になっています。

また、高解像度・高性能なモニターを採用したからこそ実現した、鮮明な画質と素早い処理能力によりナビゲーションプロでは、3Dマップビューを使用し、快適なドライブを楽しむことができます。

使い勝手抜群なタッチスクリーン

ジャガーXF

ジャガー XFスポーツブレイクのインパネで、一際目をひくのがセンターコンソールに設置された10インチのタッチスクリーンでしょう。スマートフォンの画面のように指先でのスワイプ・タップ・ピンチ操作に対応しているピンポイントタッチコントロールが採用されたスクリーンで、さまざまなエンターテインメントを楽しむことができます。

このタッチスクリーンは、搭載されるサイドパネルによりそれぞれ別の操作が可能。ナビゲーションをメインスクリーンに表示しながら、電話をかけるといった使い方ができます。また、ホーム画面のカスタマイズも可能。ショートカットやウィジェットを追加することで、ユーザーの好みに応じて更に使い勝手を良くすることもできるのです。

タッチスクリーンでスマホの操作ができるスマートフォンパック

ジャガーXF

スマートフォンパックは、ジャガー XFスポーツブレイクに標準装備として搭載されている機能です。

しかし、いかに標準装備とはいえ、その利便性は抜群。このスマートフォンパックは、車内のタッチスクリーンとスマートフォンの操作を同期させることができる機能で、スマートフォンの画面をタッチスクリーンに映し出し、タッチスクリーンからスマートフォンの操作を可能にするのです。

現在、スマートフォンパックはAndroidスマートフォンとiPhoneどちらにも対応。Android Auto、もしくはApple CarPlayという名称で、さまざまな機能をジャガー XFスポーツブレイクのタッチスクリーンから操作できるようにしてくれます。

次ページ
さらに車内でWi-Fiも使える!?