79.9万円から...今が買い時?トヨタ アルファード&ヴェルファイアを中古で手に入れた方が良い理由と評価

トヨタ アルファード 萩原文博

国産LLサイズミニバンというカテゴリーで不動の地位を築いているのが、トヨタアルファード/ヴェルファイアです。その人気はもはや日本国内だけに留まらず、アジア圏にも及んでいます。初代アルファードは2002年〜2008年に販売されました。エスティマをベースとしたシャシーに豪華で広い室内空間、高級感を強調する外観デザインを採用し登場しました。当時このクラスは日産エルグランドが席捲していましたが、アルファードは3LV6エンジンに加えて、リーズナブルな2.4L直4エンジンを設定し、差別化を図ったところ大ヒットしました。2003年にはアルファードハイブリッドを追加し、モデルラインナップを充実させています。

文/写真・萩原文博

もはや無敵?現行アルファード&ヴェルファイアのインテリアをチェック!

写真はアルファード

アルファード/ヴェルファイアのインテリアは、開放的な空間の広がりを表すインストルメントパネルからドアトリムへTのシームレスな繋がりや突き出した独立形状の重厚なセンタークラスターによる「前進な構成」と、削りだした金属の面質と工芸品のような味わい不快木目調加飾を組み合わせるなど、素材感を追求した「手の込んだ造り込み」によるインパクトあるデザインとなっています。

もはや無敵?現行アルファード&ヴェルファイアのパフォーマンス&安全性能をチェック!

ボディ剛性が向上したことそして、リアサスペンションがダブルウィッシュボーン式となったことで、車両重量が重いクルマであることを忘れてしまうほどスムーズな加速性能を実現しています。その中でもハイブリッド車はエンジン音の車内への侵入が上手に抑えられており、静粛性の高い空間としてオーディオルームや会議室として移動中でも自分の目的に合わせて楽しむことができます。

また、ハイブリッドシステムは、JC08モード燃費で19.4km/Lを実現するなど優れた燃費性能も魅力です。 安全装備は、2017年12月のマイナーチェンジ後のモデルには機能性が向上した第2世代のトヨタセーフティセンスを全グレードに標準装備。さらに、2018年10月の一部改良でH、インテリジェントクリアランスソナーが全車標準装備となり、さらに安全性が向上している。

<次のページに続く>
次ページ
なぜ今、 アルファード&ヴェルファイアを中古で買うべきなのか?

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博