ホンダ ジェイドのインパネは機能が充実

ホンダ ジェイドは2015年に発売を開始したミニバンです。「メカは小さく、人のための空間は大きく」の理念からワゴン並みの低全高かつミニバンの居住性を実現。ほとんどの立体駐車場に対応する使い勝手の良さが強みとなっています。

2018年5月にはマイナーチェンジをむかえ、改良が加えられました。さらに従来のミニバンタイプに加えて、ステーションワゴンタイプとスポーツタイプワゴンを新設定しクルマ選びの幅が広がりました。そんなジェイドの中でも今回はインパネに注目。クルマの中枢ともいえるインパネにはどんな特徴があるのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
ハンドルまわりで操作できる機能
クルマの安定に保つVSA
悲惨な事故を防ぐCMBS
路外逸脱抑制機能で危険なうっかりを避けられます
LKASでドライブをさらに楽しく
走りを直感的にするパドルシフト
グレード別に個性的なインパネデザイン
「あったらいいな」がそこにある収納機能

ハンドルまわりで操作できる機能

ホンダ ジェイドのインパネ

ハンドルまわりは、走行に関する最も重要な機能が集まっており、まさにクルマの中枢。方向指示器やワイパースイッチなどはもちろん、クルマの安定性の自動制御する「VSA」スイッチをはじめとした、クルマの安全機能も操作できます。

ホンダ ジェイドのハンドル

操作できる安全機能は次の4つです。

・VSA(ビークルスタビリティアシスト)
・CMBS(衝突軽減ブレーキ)
・路外逸脱抑制機能
・LKAS(車線維持支援システム)

VSAとCMBS、路外逸脱抑制はハンドル右奥のスイッチ、LKASはハンドル面のスイッチで操作します。これらの安全機能は、カーライフをより安全・快適にしてくれるもの。ご自身はもちろん、クルマに乗る全ての方の安全を守るために、常に作動させておくことをオススメします。

クルマの安定に保つVSA

VSAのイメージ

VSA(ビークルスタビリティアシスト)は、「車輪のロックを防ぐ」ABS機能と「車輪の空転を抑える」TCS機能、そして横滑り抑制機能のすべてを制御する機能です。走行における「走る・止まる・曲がる」をすべてを管理することで、車両の走行を安定に保ちます。イメージ図のように、障害物を避けた後の車両の挙動を安定させます。

TCS機能、または横滑り抑制機能が作動すると、ハンドル奥のディスプレイにVSA警告灯が点滅します。VSAをOFFにするには、スイッチを「ピッ」ブザーが鳴るまで押します。ONにするときも同じ操作です。

悲惨な事故を防ぐCMBS

CMBSのイメージ画像

CMBSは、前方の車両や対向車または歩行者に衝突する恐れがある時に、運転者のブレーキを操作し衝突を回避する機能です。作動の条件は、自車との速度差が時速5km以上ある車両または歩行者、自車が時速80km以上で走行し対向車または歩行者に衝突する恐れがあると検知した時です。

衝突する恐れがあると、ディスプレイに警告表示と警告ブザーに加えてハンドルの振動で運転者に知らせます。CMBSのON/OFFは、スイッチを「ピーッ」ブザーが鳴るまで押すことで行なえます。OFFにするとディスプレイに、「CMBS OFF」というメッセージが表示されます。

路外逸脱抑制機能で危険なうっかりを避けられます

路外逸脱抑制機能のイメージ画像

路外逸脱抑制機能はその名の通り、車線をはみ出しそうになった際に車線内に戻るよう促す機能。時速60~100kmで走行しているときなどが作動条件です。

機能がONのときはディスプレイにメッセージが表示されるので、ONになっているか不安なときは確認してみしょう。また、悪天候や積雪などの状況によっては機能が上手く作動しないことがあるので注意が必要です。

LKASでドライブをさらに楽しく

LKASのイメージ画像

LKASは、車線内の走行をサポートする機能で、車線に近づくとステアリング操作で車線内を走行するよう促します。車線の中央を走るようサポートすることでドライバーへの負担を減らします。車速が約65〜100km以上で走行している時、直線または半径230m以上のゆるやかなカーブを走行している時作動します。

スイッチをONするのに必要な手順は2つ。最初にMAINスイッチを押し、メーター内のグリーンに表示されるLKAS表示灯を確認。次にLKASスイッチを押すと、ディスプレイに車線表示が点灯すれば完了です。OFFにするには、MAINスイッチかLKASスイッチを押すだけです。

VSAとCMBS、路外逸脱抑制機能、LKASのON/OFFは、ハンドルまわりで簡単に操作できることがわかりました。これらの機能は安全なカーライフのために、常に作動させておきましょう。

走りを直感的にするパドルシフト

パドルシフトの画像

ジェイドには、7速のシフトをワンタッチで操作するパドルシフトが全タイプに標準搭載されています。ハンドルを握った時ちょうど指の当たる位置にあり、直感的なシフトチェンジを行うことができます。

パドルシフトは、ハンドル左右にそれぞれ一つずつ取り付けられ、右のスイッチを押すとシフトアップ、左を押すとシフトダウンします。エンジンを保護するためにクルマ側が自動的にシフト操作を行うこともあり、操作ミスがエンジンに多大な負荷をかける心配はありませんよ。

次ページ
グレード別に個性的なインパネデザイン