ホンダ ジェイドの欠点(デメリット)は?

ホンダは2018年5月にロールーフミニバン ジェイドをマイナーチェンジし発売を開始しました。ミニバンの居住性を備えながらもワゴン並みの車高であることから、ほとんどの立体駐車場に対応する使い勝手の良さが評判の一台です。マイナーチェンジを経て、ミニバンのほかに2列シート5人乗り仕様のステーションワゴンタイプとスポーツワゴンタイプを新設定。

各仕様に違った強みがあり、生活に合わせたタイプを選ぶことが可能になりました。そんな長所の多いジェイドにも改善が望まれる点があります。光には影があるように、長所には欠点がつきもの。今回はその欠点に注目していきます。

文・PBKK

Chapter
ミニバンとして見るとやや劣る車内空間
改善が望まれるサードシート
スライドドアは不要?
リアシートはスライド不可
ハイブリッド車の運転席周りは収納が少ない
あと20kgが惜しかった

ミニバンとして見るとやや劣る車内空間

ホンダ ジェイド

ジェイドは、ミニバン、ステーションワゴン、スポーツワゴンの全3タイプが設定されています。その中でもミニバンタイプは、他のミニバンと比べてやや室内空間に劣っていると感じます。

ホンダ ジェイドの車内

ジェイドの車体寸法は次の通りです。

全長4,650mm×全幅1,775mm×全高1,530mm


ここで、同様にホンダのミニバンであるフリードとオデッセイの室内寸法を見てみましょう。

ホンダ フリード

フリードの車体寸法は、全長4,265mm×全幅1,695mm×全高1,735mm。

ホンダ オデッセイ

オデッセイの車体寸法は、全長4,840mm×全幅1,820mm×全高1,695mmとなっています。フリードに関しては、全長と全幅の面では勝っていますが、全高を見てみるとジェイドは劣っている結果に。オデッセイには、全面的に勝ちを譲っていることがわかります。

ホンダ ジェイド

フリードとオデッセイは、ホンダを代表する人気のミニバン。広さとしては2車種に軍配が上がりますが、ジェイドの強みはワゴン並みの低全高にあります。都心部に多く設置されている立体駐車場は、背の高いSUVやミニバン、さらには軽自動車までもが停められない事例が増えています。

立体駐車場の中でも特に制限の厳しい機械式は高さは1,550mm。ジェイドの全高1,530mmであれば、立体駐車場の高さの制約を受けることはありません。出先で高さ制限に左右されないことは、大きなメリットとなるでしょう。

改善が望まれるサードシート

ホンダ ジェイド ミニバンタイプの室内

サードシート(3列目シート)は、3列シート6人乗りのミニバン仕様の最終列に配されています。その広さは、幅425mm×長さ425mm×高さ875mmとなり、成人男性が座るにはやや心もとない数値です。

ホンダ ジェイドのキャプテンシート

また、セカンドシート(2列目シート)には、座り心地バツグンなキャプテンシートを備えています。幅530mm×長さ450mm×高さ975mmとサードシートより一回り大きいことに加えて、固定の大型アームレストを装着。さらに、シートが170mmもスライドする豪華な作りとなっています。

ホンダ ジェイドのサードシート

サードシートは、急な乗員に対応できる非常用として活用するのがオススメです。使わない間は、サードシートを格納してラゲッジルームに。ストラップを引くだけのワンタッチで座席が倒れ、座席が倒れても床面は段差のないフラット。ゴルフバッグを4個は積むことができる広さのため、買い物で数週間分を買い込んでも、運べない心配はありません。

スライドドアは不要?

ホンダ ジェイド

もう一点だけ、ミニバンタイプの欠点を述べていきます。それはスライドドアが採用されていないことです。スライドドアといえばミニバンの必須装備といっても過言ではありません。

人気ミニバンをはじめ、現在は軽自動車にも多く採用されています。スライドドアのメリットは、開ける際に場所に左右されないこと。混み合う駐車場で隣のクルマとの間隔が狭くてもぶつける心配はなく、乗り降りもしやすいです。

しかし、同時に床面が高くなるというデメリットがあります。理由は、ドアの下に位置する敷居部分を指すサイドシルよりも上にレールが配置されるためです。床が高くなることで、その分室内空間は狭くなります。ワゴン並の低全高とミニバンの居住性を兼ね備えるために、ジェイドにはあえてスライドドアを採用しなかったのかもしれません。

リアシートはスライド不可

ホンダ ジェイドのステーションワゴンタイプ

次に述べるのは、2018年5月のマイナーチェンジで新設定された2列シート5人乗り仕様の欠点ついて。使い勝手良いステーションワゴンタイプとスポーティーな走りを楽しめるスポーツワゴンタイプがある新仕様にも、改善が望まれる点があります。

それは、リアシート(後部座席)がスライド不可なこと。足元のスペースにもっと余裕を持たせたい方や、荷物が大きいからラゲッジスペースを広げたい時になど、スライドできないことは不便だと思われるかもしれません。

ホンダ ジェイドの収納

しかし、リアシートの足元には元から成人男性が足をクロスして座れるほどのスペースがあります。さらに、後席中央には大型センターアームレストと2人分のドリンクホルダーと小物入れがの付いた便利なポケット、コンソールボックスに後席用のエアコン吹き出し口があり、快適性にも申し分ありません。

ホンダ ジェイドのリアシート

さらに、リアシートは6:4分割可倒式のため、左右を別々に倒すことが可能。標準のラゲッジスペースでは荷物が入り切らない場合でも、座席の片側だけ倒すアレンジで解決できます。また、どちら側を倒すかはリアシートの乗員人数で決めましょう。シート右側を倒せば2人まで、左側を倒せば1人まで座れますよ。

次ページ
ハイブリッド車の運転席周りは収納が少ない