ホンダ ジェイドの現行モデルとモデルチェンジ前の違い

ホンダ ジェイドは、2015年にワゴン並みの低床高の車内の中に三列シートを備えた6人乗りのミニバンとして発売を開始しました。足回りや床下の部品を小型化することで、ほとんどの立体駐車場に対応する低床高かつミニバンの居住性を実現。

「jade(ジェイド)」は英語で翡翠を意味し、いつの時代も変わらない普遍的な価値をもつ翡翠のように、新しい時代のニーズに答えるクルマを創造するという想いが込められています。そんなジェイドが2018年5月にマイナーチェンジを迎えました。マイナーチェンジではどのような点が更新されたのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
NEW STYLE WAGONの由縁たる新仕様
スポーティーかつシャープな見た目
乗り心地はまるでスポーツカー!?
さらに充実した安全機能

NEW STYLE WAGONの由縁たる新仕様

ホンダ ジェイドの外観

ジェイドは6人乗りのミニバンとして発売されましたが、今回のマイナーチェンジでは「NEW STYLE WAGON(新感覚ワゴン)」をコンセプトに2列シート5人乗り仕様の「RS・Honda SENSING」「HYBRID RS・Honda SENSING」「G・Honda SENSING」をガソリン車とハイブリット車の両方に設定しました。

2列シート5人乗りの新仕様が、今回のマイナーチェンジにおける最大の目玉です。従来までは3列シート6人乗りのみでしたが、2列シート5人乗り仕様が加わることでミニバン兼ステーションワゴンと独自の立ち位置となり、まさに新感覚ワゴンと言った具合に。

新仕様は一体どのような特徴があるのでしょうか?

ホンダ ジェイドの車内

新仕様は最後端のシートがなくなったことで荷室の容量が拡大。容量は5人乗車時で440Lとなりゴルフバッグ4個または中型のスーツケースが4個が積載できる広さです。普段の買い物はもちろん、キャンプやレジャーにも十分な広さですね。

さらに荷室のフロアボード下には23Lのアンダーボックスを用意。深さはありませんが、平たく横に長い収納スペースで、傘や雨具などの濡れ物を入れるのに便利です。座席は6:4の分割可倒式シートで、左右別々に倒せば長さのある荷物の積載でも柔軟に対応します。

スポーティーかつシャープな見た目

ホンダ ジェイドの18インチアルミホイール

今回のマイナーチェンジを経てエクステリアがよりシャープになりました。ガソリン車とハイブリッド車のRSグレードとXグレードには、インラインタイプのLEDヘッドライトとハニカムメッシュフロントグリルを新採用。さらにブラックルーフのツートンカラーを設定し、従来の落ち着いた印象とは打って変わりシャープかつスポーティな印象を与えます。

特にRSからその印象を強く感じます。その理由は18インチのアルミホイール。Gグレードの履く16インチのスチールホイール、Xの17インチのアルミホイールに対して、RSはひとまわり大きいサイズのホイールを装着しています。それに加えてホイールをブラッククリアに塗装することで、透明感を出しホイールを映えさせます。

次ページ
乗り心地はまるでスポーツカー!?