ホンダ ジェイドの荷室の広さはどれぐらい?

ホンダは、2018年5月にJADE(ジェイド)をマイナーチェンジし発売を開始しました。マイナーチェンジを経て、従来までの3列シートの6人乗りの改良はもちろん、2列シート5人乗り仕様が新たに設定されました。ジェイドの強みはセダン並みの低全高かつミニバンの居住性を兼ね備えていること。

最大6人までの乗員が可能でありながら、都市部に多い立体駐車場に対応します。今回はそんな魅力の多いジェイドの中でも大容量の荷室に注目。その大きさや使い勝手をはじめとする荷室の特長を詳しく見ていきましょう。

文・PBKK

Chapter
荷室の広さはどのくらい?
リュック1つから車中泊まで幅広いアレンジ
急なアレンジにも即対応
便利なオプションが勢揃い

荷室の広さはどのくらい?

ホンダ ジェイドの荷室

ジェイドには、従来の3列シートの6人乗りのミニバンタイプと新登場の2列シートの5人乗りのステーションワゴンタイプが設定されています。同じ車種でも座席の列数が異なることから、荷室には大きな違いがあります。

3列シートの6人乗り
3列シートの6人乗りは、2列目に飛行機のビジネスクラスを想わせる豪華なキャプテンシートを配したミニバンタイプ。6人までの大人数乗車から3列目格納時には巨大な荷室を持つなど幅広い使い方をできるのがこのタイプの特長です。

今回は3列目格納時の荷室の大きさを紹介します。3列目格納時の荷室寸法は次の通りです。

奥行き:約1020mm

フロア幅:約1000〜1340mm
天井高:約740mm

3列目を倒すにはストラップを引くだけの簡単操作で、荷室に段差ができることもありません。それに加え、シートには5:5分割床下格納機構を採用していることから、左右別々の操作が可能で、5名乗車時には片方だけ倒すなどのアレンジができます。大人数でのドライブからスーツケースなどの荷物を伴う宿泊旅行にも対応する器用な一台であることがわかります。

2列シートの5人乗り
今回のマイナーチェンジで登場した2列シートの5人乗りはステーションワゴンタイプ。ステーションワゴンといえば乗員と荷室のどちらに対しても広い空間を持つ車種であり、ジェイドも大容量の荷室を備えています。

では、具体的な広さはどうでしょうか。

奥行き:約920mm

フロア幅:約990〜1340mm
天井高:約680mm

荷室容量は440Lを誇り、さらには床下に23Lのアンダーボックスを備えています。
これは、ゴルフバッグが4個、Mサイズのスーツケースが3,4個を積み込んでもまだ余裕があるほどの大きさです。

ホンダ ジェイドの写真

23Lのアンダーボックスを使用すれば収納の幅が広がること間違いなし。床さがないため大きな荷物を収納することはできませんが、荷室部とのしきりがあることを利用して傘や雨具などの濡れものを入れておけば、荷室に積み込んだ荷物が濡れる心配はありません。

さらに、3列シートの6人乗りと2列シートの5人乗り共通となる特長が開口部に見られます。その特徴とは、大開口のテールゲートと地面から開口部までの高さです。
テールゲートは、ミニバンによく見られる垂直ではなく斜めに取り付けました。

それにより最大開口しても車両の後端から大幅に飛び出すことはなく、狭い場所でも開閉しやすい設計となっています。開口部地上高は約680mm、開口部段差も約75mmに抑えられています。約680mmという高さは成人男性の腰より下。この高さであれば重い荷物を持ち上げる動作の負担が減りそうです。

ジェイドの荷室は大容量という点だけではなく、使い勝手にも優れた一台であることがわかります。特にテールゲートの飛び出しがほぼないことで、大容量の荷室をどんな場所でも自由に使えることは嬉しいポイントですね。

リュック1つから車中泊まで幅広いアレンジ

ジェイド 3列シートの6人乗りの座席

いつもは大人数でドライブするけど、今日はたくさんの荷物を積みたいなって経験があるのではないでしょうか。そんな時はシートを倒して荷室を拡大しましょう。シートアレンジによっては運転席と助手席以外の空間を全て荷室として活用できます。

では、どんなシートアレンジがあるのでしょうか。3列シート6人乗りと2列シート5人乗りに分けてそれぞれ紹介していきます。3列シート6人乗りのシートは2列目と3列目のどちらも可倒式。荷物量と乗員に応じて自由なシートアレンジが可能です。

ドライブや旅行、ショッピングでまとめ買いをした際には、3列目を倒しましょう。このアレンジは先程紹介しましたね。片側の座席を倒すだけでもMサイズのスーツケースを積載できるほどのスペースを確保できます。

ドライブの際には乗員全員の荷物をそのスペース一箇所に集めてもいいかもしれません。2列目のキャプテンシートを倒すこともできますが、座り心地の良い2列目のキャプテンシートは倒さずに確保したいところです。

剣道部や薙刀部に所属しているお子さんの部活道具や日曜大工で使用する木材などの長物を運びたい時は、2列目と3列目のシートを片側ずつ倒してスペースを確保。さらに荷物が大きいときには座席を全て倒してしまいましょう。

全て倒せば車中泊でも活躍します。ただし、2列目と3列目の間、2列目のキャプテンシートのアームレスト部分に段差が生じます。そのまま寝るのは痛いので、段差にタオルを丸めて詰める、またはスペース全体にマットを敷くことをオススメします。

次ページ
2列シート5人乗りのシートアレンジは?