ホンダ ジェイドの長所(メリット)は?

ホンダは、2018年5月にワゴン級の低全高とミニバンの居住性を兼ね備えたジェイド(JADE)をマイナーチェンジ。同月、発売を開始しました。それまでのミニバンとしての印象は刷新され、全3タイプからなる「新感覚ミニバン」として舵を切り直しました。

従来の3列シート6人乗り仕様の改良はもちろん、2列シート5人乗り仕様とスポーツ仕様が追加され、クルマ選びの幅が広がりました。今回は新タイプの特徴はもちろん、クルマとしての魅力を高めたジェイドの長所について詳しく紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
2015年にミニバンとして初登場
マイナーチェンジを経て全3タイプに
幅広い対応を誇るミニバンタイプ
キャプテンシートがミニバンタイプの目玉
ステーションワゴンタイプは使い勝手バツグン
もう一つのラゲッジスペース!?
上質な走りを提供するスポーツワゴンタイプ
クルマ側が走りを常にサポート
低い天井と狭い道でも気負う心配はありません
誰でも積載しやすい優しい設計

2015年にミニバンとして初登場

ホンダ ジェイドの初期モデル

ジェイドは、2015年2月に3列シート6人乗り仕様のミニバンとして登場。超高密度低床プラットフォームの採用に加えて、足回りや床下部品の小型化を徹底したことで、ワゴン並の全高の中にミニバンの居住性を実現しました。

さらに、ホンダ独自の安全運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をいち早く搭載するなど、充実した安全性能も売りの一つでした。

ホンダ ジェイドの写真

普遍的な価値と美しさを持つ宝石にちなんで、英語で「翡翠(ひすい)」を意味するジェイドと命名。ホンダの思想である「メカは小さく、人のための空間は大きく」と新しい時代のニーズに応えるクルマを創造するという想いが込められた一台となっています。

そして、2018年5月にマイナーチェンジを実施し、大きく改良がなされました。ジェイドにはどんな長所があるのでしょうか。早速、見ていきましょう。

マイナーチェンジを経て全3タイプに

ホンダ ジェイドRSの写真

2018年5月に実施したマイナーチェンジでは、従来の3列シート6人乗り仕様のミニバンタイプには改良が加えられました。さらには、2列シート5人乗り仕様のステーションワゴンタイプ、さらにはスポーツタイプのRSを新設定しました。

ジェイドのラインナップは、ミニバンタイプステーションワゴンタイプスポーツタイプ全3タイプ。多くの人の好みやクルマに求める条件を満たせる一台になりました。これはジェイドの大きな強みです。では、3タイプにはそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

幅広い対応を誇るミニバンタイプ

ホンダ ジェイドのミニバンタイプの車内

ミニバンタイプは、ジェイドの顔とも言えるタイプで、「X・Honda SENSING」と「HYBRID X・Honda SENSING」の2グレードに該当。ミニバンタイプは、3列シート6人乗り仕様となり、大人数の乗車はもちろん、多彩なシートアレンジも可能となっています。

ホンダ ジェイド サードシートのアレンジ

サードシート(3列目シート)には、5:5分割床下格納機構を採用。ストラップを引くだけの簡単な操作でサードシートを倒すと、ラゲッジルームに変貌します。ゴルフバッグを4つも積み込めるほどの広さで、日々の買い物から休日の荷物を伴う遠出まで器用にこなします。

キャプテンシートがミニバンタイプの目玉

ホンダ ジェイドのミニバンタイプの車内

ミニバンタイプには、セカンドシートにキャプテンシートが配されています。キャプテンシートがあるのは、ミニバンタイプのみ。固定の大型アームレストを備えるなどまるで飛行機のビジネスクラスのような優雅な座り心地を提供します。

さらにキャプテンシートには、左右それぞれ斜め内側にシートが駆動するVスライド機構を採用。スライド幅は170mmに及び、サードシートと同様に多彩なシートアレンジが可能となっています。

休日にクラブ活動に励むお子さんがいる方にピッタリなミニバンタイプ。サードシートを活用してお子さんとそのお友達を送り迎えでき、サードシートを倒せばクラブ道具を積み込めます。お子さんが活躍して疲れた日にはキャプテンシートでゆったりと休めますよ。

ステーションワゴンタイプは使い勝手バツグン

ホンダ ジェイドのステーションワゴンタイプの車内

ステーションワゴンタイプは、2018年5月のマイナーチェンジで登場した2列シート5人乗りの新仕様で、「G・Honda SENSING」のグレードに該当します。3列シート6人乗り仕様より広いラゲージスペースを備えるなど、使い勝手に特化したタイプです。

ホンダ ジェイドの反転テーブル

セカンドシートの中央部には、2口のドリンクホルダーとポケット付きの反転テーブルを備えています。携帯や財布を入れておけば外出時にサッと取り出せます。ドリンクホルダーは、長距離ドライブに大活躍です。

もう一つのラゲッジスペース!?

ホンダ ジェイドのステーションワゴンタイプの荷室

ステーションワゴンタイプの注目ポイントは、440Lの荷室容量です。ゴルフバッグなら4個、Mサイズのスーツケースなら同じく4個を積み込んでもまだまだ余裕がある広さです。

さらに、ラゲッジルームの床下に23Lのアンダーボックスを備えています。深さはありませんが、ラゲッジルームとのしきりを活かして傘や雨具などの濡れものを収納すれば、ラゲッジルームに積んだ荷物が濡れることはありません。

上質な走りを提供するスポーツワゴンタイプ

ホンダ ジェイドRSの写真

スポーツワゴンタイプ RSは、ステーションワゴンタイプと同様に、今回のマイナーチェンジで登場した新仕様。グレードは、「RS・Honda SENSING」と「HYBRID RS・Honda SENSING」にあたり、ガソリン車とハイブリッド車のそれぞれに設定されています。

長所は、「広いラゲージスペースを備えながらも、スポーツカーのような走りを体感できること」です。

ホンダ ジェイドRSのホイール

ホイールは、他タイプより一回り大きい18インチのノイズリデューシングアルミホイール。大口径のホイールは、運動性能とグリップ性能、コーナリング性能を向上させます。

具体的に述べると、ハンドルからのレスポンスが良くなるほか、高速域ではハンドルがぶれにくくなり走行が安定。さらに接地面が増えることで抵抗力が大きくなり、コーナリングや制動時のグリップが良くなります。RSは、スポーツカーのようにホイールを大口径にすることで、スポーティーな走りを提供します。

クルマ側が走りを常にサポート

アジャイルハンドリングアシストのイメージ

連続したカーブでは、遠心力が働き狙い通りのコーナリングができないこともしばしば。そんな悩みを解決してくれるのが、RSに標準装備されている「アジャイルハンドリングアシスト」です。

車速や操舵量などから車両の動きを予測し、ブレーキを自動制御。それにより、少ないステアリング操作で狙い通りのコースを走ることが可能になります。

また、RSのガソリン車には専用のCVT制御があり、エンジン高回転域でのステップ変速でエンジンサウンドと加速の調和ある走りを楽しめるような仕組みとなっています。走ることの楽しさを提供すべく、クルマ側からも常に上質な走りをサポートします。

ここまでは、ジェイドの最大の強みである全3タイプのラインナップとその特徴について紹介してきました。次からは、全タイプに共通する長所について見ていきましょう。

次ページ
全タイプに共通する長所は?