災害時、じつはガソリンスタンドが安全って知ってましたか?

ガソリンスタンド

災害発生時の避難場所といえば、学校や公民館などを思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、意外と知られていないのが、ガソリンスタンドです。「ガソリンスタンドって、そんなときに爆発の危険性はないの?」と懐疑的な方に、災害時、ガソリンスタンドが安心・安全なわけを紹介しましょう。

Chapter
ガソリンスタンドの安全性が高い理由
災害対応型給油所の頼もしさ
住民拠点サービスステーションの普及

ガソリンスタンドの安全性が高い理由

危険物を取り扱うガソリンスタンドを建設するためには、消防法による厳しい建築基準をクリアしなければなりません。したがって、一般の建物より耐震性・耐火性に優れた構造となっています。

基本構造は、石油製品のタンクが地下に埋められており、地盤は厚いコンクリートに覆われています。ですから、地表で火災が発生した場合でも、燃え移ることはありません。

こういった安全性が注目されたのは、阪神淡路大震災の後。周辺家屋が焼失倒壊しているなか、ガソリンスタンドは壁など一部破損が見られたものの、倒壊や火災の被害報告はありませんでした。

災害対応型給油所の頼もしさ

阪神淡路大震災ではガソリンスタンドの建物倒壊はなかったものの、長時間の停電により給油ポンプが稼動せず、給油業務を即再開できなかったということが反省材料として残りました。そこで、経済産業省資源エネルギー庁では、1996年度から整備費の一部を国から補助し「災害対応型給油所」の普及に力を入れています。

災害対応型給油所の目的は以下のようになります。

○自家発電・太陽光発電を設置(停電した場合でも給油機能を維持し、警察・消防等の緊急自動車を優先的に給油する)
○貯水設備・井戸設備の設置(断水した場合、周辺住民へ生活用水を供給する) 
○場所の提供(被災した住民への支援物資を提供・保管する場として用地や施設、トイレ等を開放する)
○情報の発信(周辺住民と警察・消防など関係機関の間に立ち、連絡を密に取り合い、安否情報・被害情報・道路情報の発信地となる) 

ガソリンスタンドの災害に強い設計にくわえて、災害対応型給油所はライフラインがストップしても給油ができる機能や、被災者への救援体制が備っているというのが特徴なので、とても心強い存在なのです。

<次のページに続く>
次ページ
住民拠点サービスステーションの普及