販売台数が多い、人気のコンパクトカーベスト3

日本で大きな人気を博しているコンパクトカー。初心者から女性、年配の方まで幅広いニーズを満たし、経済的ではあるものの軽自動車と比べてパワーもあるために遠出も楽ちんというのがコンパクトカーの強みでしょう。

各メーカーで様々な車種が出ておりますが、今回は販売台数(2018年新車販売台数)でのコンパクトカー上位3種をご紹介いたします。

文・PBKK

Chapter
1位:ノート(日産) 販売台数:136,324台
2位:アクア(トヨタ) 販売台数:126,561台
3位:フィット(ホンダ) 販売台数:90,720台

1位:ノート(日産) 販売台数:136,324台

ノート

1位に輝くのは、日産のノートです。おそらく知らない人はいないと思われる人気車種です。

2018年に初めて首位となったノートですが、その原動力となったのはノートe-POWERです。これはハイブリッド車にカテゴライズされますが、走行時は電気自動車とほぼ同じ仕組みで車が動きます。燃費が良く、選択肢も豊富なのが売れている理由なのでしょう。

2位:アクア(トヨタ) 販売台数:126,561台

アクア

2位はトヨタのアクアです。ノートはエンジンのみの車種もあるのですが、アクアはトヨタが誇る純然たるハイブリッドカーです。

性能的には、いわば「小さなプリウス」といったところで、走行性能は瓜二つですがボディサイズはプリウスと比べて約50cmほど全長が短くなっており、取り回しがよく改良が重ねられた結果、優れた乗り心地を実現しています。

車両本体価格も控えめに設定されており、お求めやすいというのも人気の理由です。

次ページ
3位はおなじみのホンダのコンパクト!