おすすめのコンパクトカー用タイヤ12選|選ぶ際のポイントとは?

大切なコンパクトカーにぴったりのタイヤを選びたい、そんな人におすすめのコンパクトカー用タイヤを紹介します。低燃費などの項目から目的に合わせてタイヤを選びましょう。コンパクトカー用タイヤを選ぶ際に注意したいポイントなども、ぜひチェックしてみてください。

Chapter
そもそもコンパクトカーとは?
おすすめのコンパクトカー用タイヤ12選
おすすめ商品1:トーヨー「NANOENERGY 3 PLUS」
おすすめ商品2:ダンロップ「LE MANS V」
おすすめ商品3:ブリヂストン「REGNO GR-XⅡ」
おすすめ商品4:ミシュラン「サマータイヤ ENERGY SAVER +」
おすすめ商品5:ダンロップ「エナセーブ EC204」
おすすめ商品6:グッドイヤー「低燃費タイヤ EAGLE LS EXE」
おすすめ商品7:ジーテックス「HP2000 vfm」
おすすめ商品8:PIRELLI「サマータイヤ Cinturato P1」
おすすめ商品9:ファルケン「低燃費タイヤ SINCERA SN832i」
おすすめ商品10:ブリヂストン「ECOPIA NH100C」
おすすめ商品11:ヨコハマタイヤ「BluEarth-A」
おすすめ商品12:ダンロップ「エナセーブ PREMIUM」
コンパクトカー用タイヤを選ぶ際のポイント
コンパクトカー用タイヤを選んで快適に走ろう!

そもそもコンパクトカーとは?

コンパクトカーとは、ハッチバッグをはじめとした2BOXタイプボディを主流とする普通自動車のことです。明確な定義は存在しませんが、日本では主に全長4,200mm程度まで全幅1,700mm程度まで普通自動車を示します。普通自動車の中でも小型のものが、コンパクトカーとされる例が多いでしょう。

おすすめのコンパクトカー用タイヤ12選

ここからはコンパクトカーに使えるおすすめのタイヤを紹介します。コンパクトカーにぴったりのタイヤを選ぶために、耐摩耗性や偏摩耗対応といったポイントをチェックしてみましょう。走行音の静かさにこだわりたい人は静粛性、ガソリン代が気になる人は低燃費と、それぞれのポイントを確認するのもおすすめです。

おすすめ商品1:トーヨー「NANOENERGY 3 PLUS」

トーヨー「NANOENERGY 3 PLUS」は、トーヨーが販売するコンパクトカー用タイヤです。スタンダードかつ低燃費のコンパクトカー用タイヤとして、できるだけガソリン代を抑えたい人におすすめです。ウェットグリップ性能もアップしているため、雨天時の走行でも頼りになります。

ドライハンドリング性能も向上しているほか、摩耗に対する抵抗もしっかり設計されているタイヤです。ベーシックながら使いやすいコンパクトカー用タイヤとして役立ちます。

おすすめ商品2:ダンロップ「LE MANS V」

ダンロップ「LE MANS V」は、2種類のパターンが開発、販売されているダンロップのタイヤシリーズです。「5リブパターン」と「4リブパターン」があり、幅広い車種に対応しています。快適な乗り心地をプラスした低燃費タイヤとして、燃費にこだわりたいときにもおすすめできます。また、静粛性に優れているのもポイントでしょう。

おすすめ商品3:ブリヂストン「REGNO GR-XⅡ」

ブリヂストン「REGNO GR-XⅡ」は、コンパクトカー用タイヤの静粛性にこだわりたい人におすすめです。通常は摩耗によって大きくなりがちな走行音も、進化したノイズ抑制により「REGNOGRーXⅡ」では静粛性を持続し、静かな走行環境を実現します。ブリヂストンならではのサイレントテクノロジーを実感できます。

おすすめ商品4:ミシュラン「サマータイヤ ENERGY SAVER +」

ミシュラン「サマータイヤ ENERGY SAVER +」は、低燃費乗り心地など、バランスの取れたコンパクトカー用タイヤを探している方におすすめです。Eco EN Grip Compound(エコ・イーエヌ・グリップ・コンパウンド)により、エネルギーロスを抑えた作りが特徴でしょう。

地面をしっかりと走行するワイドな接地面を備え、安全性が確保できるのもポイントです。

おすすめ商品5:ダンロップ「エナセーブ EC204」

ダンロップ「エナセーブEC204」は、できるだけ長くタイヤを使いたい耐摩耗性を重視したい、そんなときにおすすめです。コンパクトカー用タイヤの中でも耐摩耗性を重視したタイヤとして期待できます。耐摩耗性だけではなく耐偏摩耗性をアップさせたのも「エナセーブ EC204」の特徴です。

低燃費かつ長持ちのコンパクトカー用タイヤとして活用してみてください。

おすすめ商品6:グッドイヤー「低燃費タイヤ EAGLE LS EXE」

グッドイヤー「低燃費タイヤ EAGLE LS EXE」は、低燃費走りの楽しさを両立したタイヤです。コンパクトカー用タイヤを探す際にぜひチェックしたいのが低燃費でしょう。ハンドリング性能コンフォート性能などにもこだわり、幅広いドライバーが楽しめるタイヤに仕上がっています。ウェット性能の実現により、雨天時のグリップ力にも期待できます。

おすすめ商品7:ジーテックス「HP2000 vfm」

ジーテックスの「HP2000 vfm」ドバイ発のブランドとして知られるタイヤです。世界85ヶ国以上で発売され、静粛性を重視しています。長時間の走行にも向いており、ドライブにおすすめのタイヤです。

おすすめ商品8:PIRELLI「サマータイヤ Cinturato P1」

PIRELLI「サマータイヤ Cinturato P1」は、乾いた路面はもちろんのこと、雨天時のウェットな路面でも快適なドライブを目指せるコンパクトカー用タイヤです。街中での走行時の転がり抵抗を削減したタイヤとして、買い物やちょっとしたお出かけなど街乗りがメインの車におすすめです。

ドライブ、家族を乗せての外出など、自分に合った使い方でスムーズな走りを楽しめるでしょう。

おすすめ商品9:ファルケン「低燃費タイヤ SINCERA SN832i」

ファルケン「低燃費タイヤ SINCERA SN832i」は、雨天時のグリップ力にも期待できるウェット性能が魅力の、おすすめのコンパクトカー用タイヤです。ドライグリップ性能に加えてウェットグリップ性能もしっかりと備えているのが特徴でしょう。低燃費タイヤとしても魅力的な一方、耐摩耗性を高めたタイヤとしても長期にわたって使用できます

ハイドロプレーニングなど、コンパクトカー用タイヤなら押さえておきたいポイントも揃っています。

おすすめ商品10:ブリヂストン「ECOPIA NH100C」

ブリヂストン「ECOPIANH100C」長期間の利用に適したタイヤです。コンパクトカー用タイヤは、できるだけ長く使用したいものです。スリップしやすい雨の日に役立つウェット性能を備え、雨天時グリップ力に期待できるのも魅力のひとつです。雨天時グリップ力が長持ちするため、一般的なタイヤに比べて交換回数を減らせます

おすすめ商品11:ヨコハマタイヤ「BluEarth-A」

ヨコハマタイヤ「BluEarth-A」も、コンパクトカー用タイヤとして、チェックしたいおすすめの商品です。雨天時グリップ力低燃費などのバランスに優れたタイヤとして、快適なドライブをサポートしてくれます。低燃費タイヤでありながらグレードアップされたウェットグリップ性能を持ち、晴れの日はもちろんのこと雨天時もしっかりと走れるタイヤとして活躍します。

おすすめ商品12:ダンロップ「エナセーブ PREMIUM」

ダンロップ「エナセーブ PREMIUM」は、低燃費を重視したコンパクトカー用タイヤを探している方におすすめです。「4D NANO DESIGN」を採用したタイヤとして低燃費を実現するほか、優れた操縦安定性能も備えています。

コンパクトカー用タイヤを選ぶ際のポイント

各メーカーがさまざまなコンパクトカー用タイヤを販売している中で、どのようなものを選べば良いのでしょうか。愛車にぴったりのコンパクトカー用タイヤを選ぶポイントをチェックしてみてください。耐摩耗性燃費などのポイントをあらかじめ知っておけば、自分の使い方に合わせてコンパクトカー用タイヤを選べます。

耐摩耗性の高さ

コンパクトカー用タイヤを選ぶ際のポイントとして、耐摩耗性の高さをチェックしてみましょう。耐摩耗性はコンパクトカー用タイヤの寿命に関わります。コンパクトカー用タイヤは走行などで摩耗しやすいのが特徴です。できるだけ耐摩耗性の高いタイヤを選べば、交換の手間を省けるでしょう。

なお、耐摩耗性を示す表示はメーカーによって異なるため注意が必要です。

燃費の高さ

普段使いとして活用することが多いコンパクトカーだからこそ、燃費の高さで選ぶことをおすすめします。メーカーによって燃費の他にも、耐摩耗性雨天時グリップ力など同じコンパクトカー用タイヤであっても性能に違いがあるため、燃費を重視してタイヤを選ぶのもポイントです。

コンパクトカー用タイヤを選んで快適に走ろう!

コンパクトカー用タイヤのおすすめの商品や選ぶポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたか。さまざまなコンパクトカー用タイヤが発売されていますが、雨天時グリップ力や燃費をはじめとした性能はそれぞれ異なります。愛車をより快適に走らせるために、自分に合ったタイヤを選ぶことをおすすめします。

最適なタイヤでカーライフをぜひ楽しんでみてください。