発売から7ヶ月で販売台数10万台突破!日産ノートの魅力とは?

2016年末から2017年にかけて、日本のコンパクトカー販売で異変が起きています。日産の新型ノートは、2016年11月にビッグマイナーチェンジを受けてから、2016年度下期販売台数では長年コンパクトカーの首位をキープしてきたトヨタ アクアを抜きナンバーワンに。発売から2017年5月末までの7ヵ月で10万台販売とまさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。今回は、新型ノートの魅力に迫ります。

Chapter
2016年11月発売の新型ノートが7ヵ月で10万台突破!
革新的な電動パワートレーン「e-POWER」とは?
e-POWERには専用色も用意

2016年11月発売の新型ノートが7ヵ月で10万台突破!

日産 ノート

2016年11月2日にビッグマイナーチェンジを受けた、日産 新型ノートの販売が好調です。

発売から2017年5月末までの7ヵ月間で、累計販売台数100,797台を記録。さらに、2016年11月にはコンパクトセグメントの月販台数で日産車として初めて1位を獲得し、以後7ヵ月間王座を守っています。

また、2016年11月、2017年1月と3月は全新車販売台数で第1位を獲得し、特に2017年3月の月間販売台数はノート史上最高の24,383台を記録しています。

新型ノート最大の魅力は、どこにあるのでしょう?

次ページ
革新的な電動パワートレーン「e-POWER」とは?