クルマのへこみって修理費用どれくらい?タイプ別に解説します

クルマの凹みを見ると、オーナーも凹みたくなる…そんな悲しい気分をすっきりと解消するにはやはり修理しかない。最も気になるはずの修理費用の目安を車種および損傷別に紹介する。

文・塚田 勝弘

Chapter
トヨタ ヴィッツの左リヤクォーターパネル交換(塗装)の場合
トヨタ アクアの修理込み、全塗装の場合
ホンダ N-BOXのフロントバンパー交換の場合
スバル レヴォーグのフレーム修理の場合

トヨタ ヴィッツの左リヤクォーターパネル交換(塗装)の場合

2019 見積

一例として、まずトヨタ ヴィッツ(平成30年2月登録)の左リヤクォーターパネル交換(塗装)の場合を見てみよう。範囲は左クォーターパネルだけでなく、ロッカーアウターパネル(接合部分板金)で工賃が4,760円、左ドアリヤパネルの部分調整も工賃が4,760円。

リヤバンパーカバー脱着の工賃が2,720円。さらに、問題の左リヤクォーターパネル交換は、パーツ費用(取替)として29,500円、工賃は42,160円となっている。ほかにもバンパーピース、左リヤのコンビランプレンズ&ボディーなどもパーツ代や工賃がかかっていて、高額なのは塗装費用の66,920円。

部品価格は33,150円ですんでいるが、工賃は135,700円掛かっている。消費税8%込みで合計182,358円となっている。

トヨタ アクアの修理込み、全塗装の場合

次にトヨタ アクア(平成28年9月登録)の全塗装のケースをチェック。フロントバンパーカバーの脱着で工賃6,120円、分解塗装の工賃が3,400円。そのほか、左ヘッドランプの脱着が2,720円、カウルトップベンチレータールーバーの脱着も2,720円。

左フェンダーの脱着が3,400円、分解塗装が2,040円となっている。取替パーツも、フロントフードシール、フロントバンパーピース、フェンダーシール、サイドパネルエンブレムなど多数に上っている。

費用が高額になるのは、バックドアガラスの脱着(14,960円)、ウインドシールドガラスの脱着(22,440円)などで、扱いに注意を要し、重量があり、また脱着がしにくいパーツが高額になっている。

「全塗装」とされる見積書を見た限りだと、このアクアの状態は分からないものの、シートの脱着(右フロントシートが1,360円、右リヤシートが2,720円)やルーフヘッドライニングの脱着(11,560円)と範囲は内装にも及んでいる。

さらに、ラジエーターの脱着(4,080円)、エンジン+サスペンション脱着(25,840円)など、ダメージはエンジンコンパートメント、シャーシにも及んでいるようだ。全塗装が必要なほどの損傷を受けたと思われるアクアの部品価格は計81,800円、工賃は728,830円。計875,480円にのぼっている。

もちろん、車両保険を使わないと修理するメリットは皆無だろう。

ホンダ N-BOXのフロントバンパー交換の場合

2019 見積

次に、登録車を含めて、いま最も売れている新車であるホンダ N-BOX(平成27年4月登録)のフロントバンパー交換という例を見てみよう。

フロントバンパーフェイスのパーツ価格が36,800円、工賃が8,840円。そのほか、左右バンパーサイドスペーサーが各540円など、クリップやスペーサーなどの細かなパーツ費用が数百円単位で掛かっている。ショートパーツ代1,000円を含めて、部品価格は計41,270円。

工賃はフロントバンパーフェイスの8,840円のみ。消費税込で合計54,119円となっている。車両保険を使うかは、等級が下がってしまうことも考えると悩みどころかもしれない。

スバル レヴォーグのフレーム修理の場合

最後の例は、スバル レヴォーグのフレーム修理。高額な部品価格は、フロントバンパーフェイスの65,800円、フロントバックビームが12,600円、フロントグリルが35,000円、左右のヘッドランプレンズ&ボディーが各84,600円。

フロントフードが60,400円、左フロントフェンダーが25,100円などとなっている。そのほか、フードロックステーの2,850円、左フロントドアアウターウェザーストリップの5,450円など、部品代は431,410円。

工賃は、フロントライセンスプレートが12,000円、フロントバンパーフェイスが15, 640円、フロントフードが5,440円、右フロントフェンダーが8,160円、ラジエーターパネルが14,430円、左フレームサイド(修理)が13,600円、右フレームサイド(修理)が10,200円、塗装費用151,150円など、合計276,100円。税込みでのトータルは764,111円となっている。

事故車

上記の修理費用はあくまで目安であり、修理店や車種によっても異なる。もちろん、凹みや損傷具合などによっても異なってくる。車両保険の加入の有無によっても修理するのかどうなのか。何よりも予算によるだろう。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ