今さら聞けない、給油の仕方

セルフスタンドが普及して久しいですが、「普段フルサービスのガソリンスタンドを利用するから自分で給油を行ったことがない」という方も少なくはないでしょう。今回は、今さら聞けないセルフスタンドでの給油の仕方をレクチャーします。

文・PBKK

セルフスタンドに到着したら

給油口

はじめてのセルフスタンドに到着したら、まず給油レーンに進みクルマを停車させましょう。指定された位置に停めたら、エンジンを止めて鍵を抜き、給油口を開けます。

ここまでは、普通のガソリンスタンドと変わりませんね。また、セルフスタンドにもスタッフは常駐しているため、わからないことがあったらうやむやにせず、迷わず聞くようにしましょう。

給油モニターを使おう

ガソリンスタンド

クルマを停めたら給油機で給油を始める準備をします。モニターをタッチすると、支払い方法画面が表示されるので、クレジットカードか現金などから選択しましょう。それを終えると、給油するガソリンを選ぶのですがここで注意が必要です。

近年、軽自動車に「軽油」を給油するトラブルが増加しているようです。軽油は「ディーゼル仕様車」のための燃料です。そのため、軽自動車には主にレギュラーを給油しましょう。

また普通車にお乗りの方も、事前に自分のクルマがハイオク仕様車なのか、レギュラー仕様車なのかを確認しておきましょう。

次に給油量を決めましょう。選択したら、給油する量もしくは金額を選択します。満タン、リッター単位での指定と、金額で指定することが可能で、自分の都合で自由に設定することが可能です。

また、万が一、給油できる量より多く設定してしまった場合でも、満タンになると自動的に給油が停止するようになっているので溢れる心配はありません。

給油を始めよう

ガソリンスタンド

設定が終わるといざ給油です!この際に静電気除去シートに触れることを忘れずに、必ず静電気を除去してから始めましょう。

給油口を外し、給油ノズルを給油機から外してから差し込み、ノズルレバーを握ります。指定した量が給油し終わると自動で止まる仕組みとなっているため、焦らず給油が終わるのを待ちましょう。

給油が終わったらノズルをもとの位置に戻し、給油カップをはめましょう。この際、給油カップをしっかりと締め、カチッと音がしたら大丈夫です。そして給油扉を閉めたら終了です。


セルフ式ガソリンスタンド

日常的にフルサービススタンドを利用している方もセルフスタンドを利用する場面に直面するかもしれません。普段使い慣れていない方法で給油するのはつい焦ってしまうものです。そのような場合は、今回の記事を参考に利用してみると良いでしょう。