給油中、ガソリンをこぼしてしまった!どうすべき?

昨今、ガソリンスタンドはセルフ給油方式が主流となり、ドライバー自身でクルマに給油する機会が多くなりました。その給油中に、ガソリンをあふれさせてしまったら、どんな対処をすれば良いのでしょうか?

文・赤井福

Chapter
こぼれたガソリンの危険性
ボディに付着した場合の影響
こぼれたら拭き取る、薄める

こぼれたガソリンの危険性

セルフ式ガソリンスタンド

まずガソリンは、ちょっとした火でも引火する可能性がある「危険物」です。静電気の火花でも、引火して爆発する恐れがあります。そのためセルフ式スタンドには、静電気除去シートが備え付けてあります。

給油を行うノズルには、タンクのガソリンが満タンになると、自動的に給油を止めるオートストップ機構が付いていますが、なんらかの原因でガソリンがあふれてしまう例があるようです。

主な原因としては、タンク内のエアが抜けるタイミングでパイプ途中にあったガソリンを押し戻してしまう、給油ノズルからの勢いが無くてタンクに入らなかった、オートストップ後に継ぎ足し給油でオートストップが働かなかった、などが多いそう。オートストップが働いたら、そこで給油は終了しましょう。

ボディに付着した場合の影響

ガソリンスタンド

給油口からこぼれてしまったガソリンが、ボディに付着した場合。塗装を傷める原因になります。

実際に、ガソリンがこぼれて付着した部分を触ってみると、他のボディ表面とは異なり、ツルツルになっています。この状態をそのまま放置すると、ボディの塗装面にガソリンが染み込み、ガソリン染みを作ります。

表面のクリア層の輝き方が変わってしまうので、こぼしたガソリンはすぐに拭き取ることが必要です。

こぼれたら拭き取る、薄める

ガソリンをこぼしてしまったら、まずはすぐに拭き取ることが大切です。スタンドによっては、こぼれたガソリン拭き取り用のタオルを準備しているところもあるので、利用させてもらいましょう。

揮発性の高い液体なので、そのまま置いておいても、すぐに乾いてしまうのですが、できれば水でざっと洗い流すことをおすすめします。特に、こぼれた量が多く、ボディのみならず、タイヤ・ホイールなどにも付着した場合には水で洗い流しましょう。それでも気になる場合は、中性洗剤やカーシャンプーを使いましょう。

ただし、最近のクルマの塗装は強くなってきており、ガソリンが付着しても、すぐに影響が出るようなことはほとんどありません。よほどの長い間、ガソリン漬けにされれば別ですが、すぐに拭き取ることで、影響は最小限にとどめることができます。

セルフスタンドは、その気軽さからガソリンが”危険物”であることを忘れてしまいがちです。機器のそばに記載されている給油方法をしっかりと守り、安全に給油することが大切です。

もしもガソリンがこぼれたり、垂れたりしたときには、ボディなら焦らずすぐに拭き取ること。床面ならスタンドの定員さんに声を掛けて、処理をしてもらいましょう。

-----------------
文・赤井福
大学卒業後、金融業に従事。その後、6年間レクサスの営業マンとして自動車販売の現場に従事する。若者のクルマ離れを危惧し、ライターとしてクルマの楽しさを伝え、ネット上での情報発信を行っている。