レバーで操作はもう古い!? ボタン式シフト採用車5選

ギアチェンジはレバーで行うもの、というのも今は昔。現代のクルマの中には、シフトレバーを持たない「ボタン式シフト」を採用するものも少なくありません。では、このボタン式シフト、どんなクルマに搭載されているのでしょうか?

文・木谷宗義

Chapter
アストンマーティン DB9
フェラーリ カリフォルニア
アバルト 595
ホンダ
ジャガー XF

アストンマーティン DB9

アストンマーティン DB9
アストンマーティン DB9 ボタン式

現代のクルマの中で、いち早くボタン式シフトを採用したのが、イギリスの高級スポーツカーメーカーのアストンマーティン。センターコンソールの吹き出し口の下に「P」「R」「N」「D」、4つのボタンが並びます。

「5つじゃないの?」と思うかもしれませんが、中央にあるのはキーの差込口。ここにリモコンキーを差し込んで押すと、エンジンがかかる仕組みです。アストンマーティンでは、2006年デビューのDB9以降に発売したすべてのニューモデルにボタン式シフトを採用。同社の特徴的アイテムのひとつとしています。

フェラーリ カリフォルニア

フェラーリ カリフォルニア
フェラーリ カリフォルニア ボタン式

スーパーカーの世界では、今や3ペダル式MTではなく、パドルシフトで操作する2ペダル式AMTが主流。それはつまり、シフトレバーは“なくてもいい”ということ。フェラーリは、パドルシフト+ボタンで操作します。

ボタンで行う具体的な操作は、「AUTO」、「LAUNCH」、「R」の3つ。「AUTO」はオートマチックモードへの切り替え、「LAUNCH」はスタート加速でパフォーマンスを発揮するためのモード、「R」はリバースです。

2009年のカリフォルニアでこの仕組みを採用したフェラーリは、現在488ピスタや812スーパーファストなど、すべてのモデルがボタン式シフトとなっています。ちなみに今回はフェラーリを例にしましたが、ランボルギーニやマクラーレンのシフトもフェラーリを同様のボタン式です。

アバルト 595

アバルト 595 2017
アバルト 595

ジャガー XF

次ページ
国内メーカーでは唯一!? ホンダもボタン式シフトを採用!