フルタイム4WDが主流なのに、なぜジムニーはパートタイム4WDを採用し続けるのか?

スズキ ジムニー 2018(塚田勝弘撮影)

主に都市型SUVに搭載されるFFベースのフルタイム4WDが増えてきた現在、伝統的にパートタイム4WDを採用するスズキ ジムニー/ジムニーシエラ。兄貴分のスズキ エスクードも現行型からFFベースの電子制御式フルタイム4WDにスイッチしている。なぜ、ジムニーはパートタイム4WDを使い続けるのだろうか?

文・塚田勝弘

Chapter
パートタイム4WDに対するスズキの回答は?
任意で2WDと4WDを切り替えられる
ジムニーがジムニーたるゆえんとは?

パートタイム4WDに対するスズキの回答は?

新型スズキ ジムニーのホームページには、パートタイム4WDについて、「高い脱出性能を実現するだけでなく、シンプルな構造によって高い信頼性を確保。過酷な環境を走るからこそ、ジムニーはパートタイム4WDを採用し続けてきました」と表記している。

スズキの広報部に伺うと、「初代から一貫して、前後輪をシンプルな構造で直結するパートタイム式4WDを採用しています。ホームページなどにもあるように、シンプルな構造なので高い信頼性があることはもちろんですが、路面状況に応じてドライバーが任意に2WD、4WDを切り替えられる方が、(ジムニーのようなクルマには)利点があるためパートタイム式4WDとしております。」と回答してくれた。

任意で2WDと4WDを切り替えられる

初代から現行まで、ラダーフレームにエンジンを縦置きし、後方にトランスミッション、トランスファーを配置するジムニー。エンジントルクは、前後プロペラシャフトに直結状態になり、前後輪で駆動する。つまり、高いトラクションにより悪路走破性が高まる。

さらに、広報部が回答しているように、路面や走行状況に応じて任意で2WDと4WDを切り替えられるのがパートタイム4WDの利点だ。

<次のページに続く>
次ページ
ジムニーがジムニーたるゆえんとは?