1代限りで販売終了となったダイハツの名(迷)車5選

ダイハツ ソニカ

日本でもっとも歴史の長い量産車メーカーであるダイハツは、1930年にオート3輪を開発。1963年から、小型および軽自動車をおもに生産してきました。良く言えば自社の規模を理解した地に足のついたメーカーで、発売したものの大失敗に終わったというモデルが少ないことも特徴なのかもしれません。しかし、そんなダイハツであっても、1代で消滅したモデルは、あるのです。

Chapter
①スタリッシュなデザインの軽「リーザ」
②フラッグシップになるはずだった「アプローズ」
③ネイキッド
④普通車をダウンサイズした「テリオス キッド」
⑤脱トールワゴンになれなかった「ソニカ」

①スタリッシュなデザインの軽「リーザ」

1986年に発売された3ドアハッチバッククーペの軽自動車です。つまり、軽自動車の旧規格で設計されたモデルで、当初のエンジンは550ccでした。

ライバルはスズキが販売していたセルボで、ターゲットユーザーは若い女性。パーソナルユース前提で設計されたボディは、全長3,195mm×全幅1,395mm×全高1,335mmで、ベース車のミラよりホイールベースを120mm短縮、同時に車庫を80mmも低めていました。

5ナンバーのセダンと商用4ナンバーのバンの2種類で発売を開始。1990年には、軽自動車の新規格移行にともない、エンジンを660ccに変更するとともに、前後バンパー形状の変更によって全長は100mm延長されました。

後継モデルのオプティと入れ替わるように、1993年に販売が終了となっています。

②フラッグシップになるはずだった「アプローズ」

ダイハツのフラッグシップモデルとして企画された小型5ドアセダンが「アプローズ」です。前任のシャルマンでは、業務提携をしていたトヨタのプラットフォームを流用して車両開発が行われていましたが、アプローズはダイハツの独自開発車でした。

1998年に発売されたアプローズの搭載エンジンは、HD型1.6L 直4SOHCエンジン。駆動方式はFFと4WDが用意されていました。

デザインは3ボックスのシルエットを持ちながら、トランクとリアゲートのどちらでも開閉できる5ドアハッチバック。この構造が売りのひとつでしたが、燃料タンクのリコール問題が影響して販売はうまくいかず、2000年に販売終了となりました。

<次のページに続く>
次ページ
③ネイキッド