1代限りで販売終了となったスバルの名車5選

スバル ヴィヴィオ

"一度乗ったらやめられない"と一部ファンにこよなく愛されるスバル車。そんな車を開発するスバルが、過去に生産していて1代限りで販売終了になってしまった車を5台紹介します。いったいどのような車があるのでしょうか。

Chapter
①パーソナル軽クーペ「R1」
②7人乗りミニバンとして誕生した「エクシーガ」
③特徴的なウェッジシェイプが現在でも美しい「アルシオーネ」
④待ってろポルシェ「アルシオーネ SVX」
⑤モータースポーツで活躍した軽「ヴィヴィオ」

①パーソナル軽クーペ「R1」

「R1」は、5ドアハッチバックとしてデビューしたR2に遅れること2年後の2005年に発売された軽自動車です。

ボディタイプは、3ドアのハッチバッククーペで、車体サイズは全長3,285mm×全幅1,475mm×全高1,510mmで非常にコンパクト。R2と比較して、全長110mm、ホイールベースで160mm短いボディの乗車定員は4名。ですが、実質的には2+2といったほうがしっくりくるレイアウトでした。

当初、エンジンはNAの660cc 直列4気筒のみでしたが、2005年11月はスーパーチャージャー付きを追加。駆動方式は、FFと4WDが用意されていました。

特徴的なデザインは、発売年にグッドデザイン賞を受賞しています。

②7人乗りミニバンとして誕生した「エクシーガ」

2008年に販売が開始された7人乗りミニバンが「エクシーガ」です。エンジンや駆動方式は、スバルの王道でもある水平対向AWD。3代目インプレッサや2代目フォレスターと同じ、SIシャシーコンセプトによって生産されています。

デビュー直後のエンジンラインナップは、NAの2.0L水平対向4気筒と2.0Lターボの2種類でしたが、翌年には2.5LのEJ25型 水平対向4気筒SOHCを追加し、3種類になりました。なお2.5Lエンジンは、2012年のマイナーチェンジで、同じ2.5Lながら、DOHCとなったFB25型 水平対向4気筒にスイッチされています。

2015年になるとエクシーガは、ミニバンからクロスオーバーSUVにコンセプトを変更。それ以降「エクシーガ クロスオーバー7」と名乗ります。しかし基本シャシーやエンジンなどに変更はなく、実質、エクシーガの系譜にあるモデルでした。

エクシーガ クロスオーバー7は、2018年3月に販売終了。エクシーガとしては、1世代でラインナップから消滅することになりました。

<次のページに続く>
次ページ
③特徴的なウェッジシェイプが現在でも美しい「アルシオーネ」