【荷室アレンジ&床下収納を徹底解説】レヴォーグのラゲッジ画像

スバル レヴォーグ STI 2016

レヴォーグの荷室開口部の様子

レヴォーグの後ろからのデザインは、このようになっています。


スバル レヴォーグ STI 2016

ちなみに、こちらはレヴォーグSTIスポーツ。

迫力のある”STIスポーツ(STI SPORT)”のフロントマスクに比べて、リヤ・後ろからのデザインは、若干大人しい感じが・・・。(レヴォーグファンでもこの後姿は、評判は良くないみたいですが・・・)

そして、このレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の荷室・ラゲッジゲートを開けると、このような感じ。

スバル レヴォーグ STI 2016

このクルマは、全高が1,490mmとなっておりワゴンの中では小さめ。

そのため、小柄な女性でも開けたリヤゲートにラクラク手が届きます。この開け閉めしやすいリアゲート(ラゲッジゲート)は、メリットの一つなのかなと思いました。


上位グレードではトノカバーを標準装備

また、スバルから発売されたレヴォーグの1.6GT-Sや2.0GT-S、“STIスポーツ(STI SPORT)”など上位グレードでは、荷室・ラゲッジスペースの目隠しに役に立つトノカバーを標準装備。

スバル レヴォーグ STI 2016

このクルマを含めて最近のリアガラスは黒っぽくなっており、車内が見えにくいようになっていますが、セキュリティーの事を考えるとトノカバーが装備されていると心強いですよね。

暖房や冷房の効きにも影響があるようですし・・・。また、レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)のトノカバーは必要が無ければ、このように床下(サブトランク)に収納するこも可能です。

スバル レヴォーグ STI 2016

このようにトノカバーを収納すると、荷室・ラゲッジスペースもスッキリ!

■トノカバーあり

スバル レヴォーグ STI 2016

■トノカバーなし

スバル レヴォーグ STI 2016

トノカバー自体もそれ程重たくなく、女性でもラクラク収納できますし、個人的にはトノカバーが標準装備されているのは、とても良いと思いました。


後部座席使用時のレヴォーグの荷室の様子

そして、後部座席を使用した時のレヴォーグの荷室・ラゲッジスペースは、このようになっています。

スバル レヴォーグ STI 2016

ステーションワゴンという事もあり、奥行きが広いですね。ディーラーさんに確認したところ、このクルマの奥行きは約1,070mm。

スバル レヴォーグ STI 2016

十分な広さですよね。また、このレヴォーグの荷室・ラゲッジスペースを見て良いと思ったのは、荷室開口部が広く、フラットなこと。

荷室開口部が段差が無くほぼフラットなので、積み下ろしがラクに行えるのは、とても良いように感じました。

機能性・使い勝手もバツグン

また、このスバルから発売されたレヴォーグの荷室・ラゲッジスペースは、使い勝手もバツグン!

荷室に嬉しい機能や装備が数多く備えてありました。まず最初に個人的に良いと思ったのは、荷室・ラゲッジスペースの両側に装備されていた小型ポケット。


スバル レヴォーグ STI 2016
スバル レヴォーグ STI 2016

ちょっとした小物アイテムを積むのにとても良いですよね。また、レヴォーグの荷室・ラゲッジスペースの側面には、スーパーの買い物袋を掛けておけるコンビニフックも装備。

広いだけでは無く、使い勝手もしっかりと考えられているレヴォーグの荷室・ラゲッジルームは、とても良いと思いました。


後部座席使用時のレヴォーグの荷室の様子

また、このレヴォーグは、後部座席を格納して、さらに広い荷室・ラゲッジスペースを作り出すことが可能です。

レヴォーグの後部座席は6対4分割方式になっているので、このように左右独立してシートを格納する事が可能です。

スバル レヴォーグ STI 2016
スバル レヴォーグ STI 2016

また、後部座席をすべて格納をすると、このような感じ。


スバル レヴォーグ STI 2016

このまま車中泊ができちゃいそうな感じの荷室・ラゲッジスペースが登場。ディーラーさんに後部座席を格納した時の奥行きを確認したところ、なんと広さは約1,632mm。

キャンプやバーベキューなど荷物が多くなりがちなアウトドアでも十分に対応できそうな荷室・ラゲッジスペースになっていました。

荷室・ラゲッジスペースがフラットなのが嬉しい

また、この後部座席を格納した時のレヴォーグの荷室・ラゲッジスペースで良いと思ったのは、段差が無いこと。


スバル レヴォーグ STI 2016

このように見ると分かりますが、ほとんど段差がありません。

スバル レヴォーグ STI 2016

また、クルマによっては荷室がフラットではなく、手前下がりになっている荷室・ラゲッジスペースもあるのですが、レヴォーグは、ほぼ水平。

私は様々なクルマを見ているのですが、ここまでフラットなクルマは、結構珍しいです。この後部座席を格納した時に段差が出来ない使い勝手の良さも好印象でした。

後部座席の格納もラクラク

また、レヴォーグのメリットの一つは、後部座席の格納の手軽さ!

このクルマの荷室のサイドには、後部座席を格納するためのレバーが用意されています。そして、このレバーを引くだけで、後部座席の背もたれがパタンと倒れ、カンタンに後部座席を格納する事が可能です。

スバル レヴォーグ STI 2016

これは嬉しいですよね。さすがに後部座席の背もたれを戻すときは自力で行わないといけませんが、レバーを引いただけで、カンタンに格納できる使い勝手の良さは、大満足でした。

レヴォーグは、床下収納も大きい

また、このレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)は床下収納の広さも魅力の一つ。

このクルマの床下収納(サブトランク)は前後2つに別れており、それぞれこのようなデザイン・サイズになっています。

■奥側の床下収納

スバル レヴォーグ STI 2016

■手前側の床下収納

スバル レヴォーグ STI 2016

このように見るとかなり広いのがわかりますよね。

特に広くて使い勝手が良いと思ったのは、手前側の床下収納(サブトランク)。

レヴォーグの手前側の床下収納(サブトランク)の中央のスペースには、仕切りが装備されているのですが、荷物の大きさなどによって、このように仕切りの位置を変えることが可能です。


スバル レヴォーグ STI 2016
スバル レヴォーグ STI 2016

ちょっとした事ですが、個人的には高ポイント!ユーザーや使う人のことを考えて、しっかりと工夫がされている事がかなり嬉しかったです。

この広い床下収納(サブトランク)もレヴォーグ/レボーグの注目ポイントの一つなので、ぜひとも確認をしてみてくださいね。

スバル レヴォーグ STI 2016

スバルの人気ステーションワゴンのレヴォーグの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

このクルマはステーションワゴンの中で背が低い方なので、収納力はどうなのかな!?と、心配に思っていたのですが、実際に見てみると思った以上に広く、収納力も十分!使い勝手の良い床下収納(サブトランク)も装備されているのも好印象でした。

レヴォーグ(特にSTIスポーツ)は走破性ばかりが注目を集めていますが、今回実際に見て、このクルマはワゴンとしての基本清野もしっかりと抑えているなと感じました。

画像 試乗レビュー速報
スバルがWRXシリーズのエクステリアと利便性を向上
本当に広い!?レヴォーグの開口部&荷室サイズを確認してみた

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives