スバル 新型レヴォーグ(VN5型)の後部座席(リアシート)の使い勝手はいかに!?

スバル 新型レヴォーグのリアシート

今回は、2代目となるスバル 新型レヴォーグ(VN5型)のリアシート(後部座席)を紹介していきます。新型レヴォーグは、2020年10月15日に発売予定。

2020年8月22日より先行予約という形で発表になり、新しく開発されたエンジン、先を行く安全運転支援機能アイサイトX、それに11.6インチのセンターモニターやナビが表示できる12.3インチの液晶メーターパネルなどが話題の一台です。

ロングドライブでも疲れないというコンセプトでデザインされたインテリア(内装)の充実も目を見張るものがあり、フロントシートのみならず、リアシートの使い勝手にも目が行き届いています。さて、どのようなリアシートなのでしょうか。早速見てみましょう。

文・PBKK

Chapter
スバル 新型レヴォーグはどんなクルマ?
スバル 新型レヴォーグの後部座席は足元が広くなった!
スバル 新型レヴォーグのリアシートは居心地バツグン!
スバル 新型レヴォーグのリアシートには便利な装備がある!
スバル 新型レヴォーグのリアドアはかなりの優等生!
スバル 新型レヴォーグのリアシート部分はラゲッジスペースにもなる!

スバル 新型レヴォーグはどんなクルマ?

スバル レヴォーグは2014年に初代が発売になったステーションワゴンで、スバルではツーリングワゴンという位置づけになっています。

スバル ツーリングワゴンの代表格としてはレガシー ツーリングワゴンがありましたが、初代レヴォーグは2013年当時の5代目レガシィ ツーリングワゴンより全長とホイールベースを100mm短くした、日本での取り回しがいいように開発されたクルマです。

初代レヴォーグ(VMG型)のパワートレインは1.6L 水平対向4気筒DOHC 直噴ターボと2.0L 水平対向4気筒DOHC 直噴ターボの2種類、全車4WD(スバル呼称はAWD)でした。また、レヴォーグ開発のもとになったレガシー ツーリングワゴンは初代レヴォーグの登場で、販売を終了となっています。

新型レヴォーグのサイズは、全長4,755mm×全幅1,795mm×全高1,500mmと初代レヴォーグよりほんのちょっと大きくなっています。パワートレインは1.6Lに代わって新開発された1.8L 水平対向DOHC直噴ターボが搭載され、2.0L車は姿を消しました。

全車AWDは変わらず、最高出力は130kW(177PS)/5,200~5,600rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1,600~3,600rpmとなり、初代レヴォーグ1.6L車より最高出力、最大トルクとも増強され、新たなプラットフォーム、スバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造により、よりスポーティーさが増し、走りの質感が飛躍的に上がっています。

スバル 新型レヴォーグのグレードは、GTとGT-EX、GT-H、GT-H EX、STI Sport、STI Sport EXの6種類です。

GT、GT-H、STI Sportは、交差点での右左折や出会い頭の衝突回避サポートなどが進化した最新の運転支援システムのアイサイトを標準装備。GT-EX、GT-H EX、STI Sport EXには、さらに一定の条件を満たした自動車専用道路での自動運転支援機能を大幅に進化させた高度運転支援システムのアイサイトXが設定されています。

さらに、スバルが国内メーカーとしては初めて採用した歩行者保護エアバッグは全グレードに標準装備され、歩行者への安全対策も万全です。

スバル 新型レヴォーグの後部座席は足元が広くなった!

スバル 新型レヴォーグの室内空間は、室内長1,900mm×室内幅1,515mm×室内高1,205mmで、初代レヴォーグに比べ室内長が105mm短くなっていて、室内幅が25mm広がっています。

室内長が短くなっている分、新型レヴォーグはスペック上狭くなっているように見えますが、実際にはホイールベースの拡大やデザイン等の見直しで数センチですが初代より広くなっています。

リアシート(後部座席)は、平均的な男性が乗った場合でもフロントシートとの間に握りこぶし2個ほど空きがあり、さらに足下もフロントシートの下に入るのでかなりの広さが確保されています。室内高は初代レヴォーグと変わりませんが、こぶし2つ以上の開きがあり、圧迫感は全く感じません。

また、新型レヴォーグはフロントシートとリアシート両方のシート地が、グレードによって異なります。

スタンダードグレードのGTとGT-EXは、サイドにシルバーステッチが入っているトリコット、ハイグレードモデルGT-HとGT-H EXにはトリコットかつサイドにブルーステッチが入っているファブリックです。さらに、ハイグレードモデルのGT-H、GT-H EXはメーカーオプションで本革シートも選べます。

そして最上級スポーツモデルのSTI Sport、STI Sport EXでは本革でサイドにレッドステッチが入っています。

<次のページに続く>
次ページ
スバル 新型レヴォーグのリアシートは居心地バツグン!