クルマ ピックアップ記事一覧

トヨタ C-HRを街でやたら見ませんか?実際どれぐらい売れているの?

トヨタ C-HRを街でやたら見ませんか?実際どれぐらい売れているの?

2015年の東京モーターショーでコンセプトモデルをワールドプレミア、2016年末に市場へ投入したコンパクトSUVのトヨタ C-HR。発売から半年以上経つわけですが、街中、...

更新日:2017/08/14    
紫外線カットのフロントガラスクールベールの底力。アイスが溶けない?

紫外線カットのフロントガラスクールベールの底力。アイスが溶けない?

紫外線等をカットするフロントガラスを謳うクールベールですが、ユーザーにとってもっとも気になることは、その効果を実際にどこまで体感できるかではないでしょうか。そこで、クール...

更新日:2017/07/31    
鍛造ホイールの老舗BBSジャパンがリリースし続ける往年の伝統モデル「LM」そしてリミテッドモデルとは?

鍛造ホイールの老舗BBSジャパンがリリースし続ける往年の伝統モデル「LM」そして...

数多あるアルミホイールの中でも、多くのユーザーに支持されるBBS鍛造ホイール。一口にBBSと言ってもたくさんのモデルがありますが、CarMe編集部ではとあるモデルに目がつ...

更新日:2017/08/02    
モータースポーツ、ドリフトの世界で活躍するGOODRIDEタイヤ。D1ドライバーの評価とは?

モータースポーツ、ドリフトの世界で活躍するGOODRIDEタイヤ。D1ドライバー...

みなさんは、アジアンブランドタイヤにどんなイメージをお持ちでしょうか?価格が安くて経済的、でも…。そんなイメージが先行しているアジアンブランドタイヤですが、近年は技術も進...

更新日:2017/07/13    
なぜ最近の車はアルミパーツが使われないのか?

なぜ最近の車はアルミパーツが使われないのか?

クルマにおいて、軽量化は非常に重要なポイント。運動性能はもとより、環境性能も向上する、まさに軽量化は正義なのです。そのために、かつてはアルミパーツをふんだんに使い、軽量化...

更新日:2017/08/10    
映画『ワイルド・スピード』の世界観を日本で体感。開発者の熱き思いも伝わるLUXZのチャレンジャー

映画『ワイルド・スピード』の世界観を日本で体感。開発者の熱き思いも伝わるLUXZ...

クォーターマイル加速は市販車のギネスワールドレコードとなる9.65秒、0-97km/h加速はわずか2.3秒と発表された「SRTデーモン」に注目が集まっているダッジ・チャレ...

更新日:2017/08/04    
90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

この30年で、世界の自動車造りは大きく変化しています。従来の手法が円熟期に達した90年代、環境性能と高出力に対応し始めた00年代、追突予防安全装備から自動運転へと変化して...

更新日:2017/08/14    
吸排気チューンの仕上げ 燃調はどうする?1万8千円のミニコン-プロでベストな燃調セッティング

吸排気チューンの仕上げ 燃調はどうする?1万8千円のミニコン-プロでベストな燃調...

エンジン制御の基本は点火と燃調です。燃調は読んで字のごとし、吸気に対して必要な量の燃料を調整するものですが、吸排気系のチューニングを行うと、ノーマル状態で想定された条件か...

更新日:2017/08/01    
300万円のセカンドカー…あなたなら何を買う?

300万円のセカンドカー…あなたなら何を買う?

セカンドカーを持てるというのは、環境はもちろん金銭面でも非常に恵まれたことでしょう。スポーツモデルであれ、SUVモデルであれ、実用性といった枷から逃れ、なんでも自由に選ぶ...

更新日:2017/08/10    
国産車のホットハッチといえば?あなたは何を思い浮かべますか?

国産車のホットハッチといえば?あなたは何を思い浮かべますか?

ホットハッチと聞くと、なんとなく欧州のコンパクトカーを思い浮かべる方が多いと思います。それは、海外(特に欧州)メーカーに対して、日本車でホットハッチ的なクルマが少ないとい...

更新日:2017/08/16    
レクサスの新旧フラッグシップ、LFAとLCの違いとは?

レクサスの新旧フラッグシップ、LFAとLCの違いとは?

レクサスのフラッグシップスポーツクーペとして2017年にデビューしたLCと、2010年に世界限定500台でデリバリーされたスーパースポーツLFA。いずれもレクサスのブラン...

更新日:2017/08/14    
ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

新車スクープの場として、あまり注目されないのが株主総会です。ところが、2017年6月23日に開かれた三菱自動車の株主総会で、エクリプスクロスの導入を発表。同時に、長年同社...

更新日:2017/08/16    
NV350キャラバンとハイエース…なにが違うの?

NV350キャラバンとハイエース…なにが違うの?

一定需要がある市場には、複数の商品が軒を連ねます。しかもそれらは、同じニーズに対応するため、どうしても似てきます。日産 NV350キャラバンとトヨタ ハイエースもそんな商...

更新日:2017/08/15    
ハコスカ&ケンメリっていくらで購入できるのでしょう?

ハコスカ&ケンメリっていくらで購入できるのでしょう?

ハコスカやケンメリとは、なんの車種を指しているのかわかりますか?正解は、日産のスカイラインです。長い歴史のあるスカイラインは、世代によって愛称で呼ばれるほど、かつては人気...

更新日:2017/08/15    
90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

この30年で、世界の自動車造りは大きく変化しています。従来の手法が円熟期に達した90年代、環境性能と高出力に対応し始めた00年代、追突予防安全装備から自動運転へと変化して...

更新日:2017/08/14    
あなたはどれが好き?SpecV、EGOIST、NISMOなど…GT-Rの特別仕様車

あなたはどれが好き?SpecV、EGOIST、NISMOなど…GT-Rの特別仕様...

今回は 、普通の日産GT-Rでは満足できない方向け!GT-Rの特別仕様車をまとめてみました。あなたはどのモデルが好きですか?

更新日:2017/08/14    
トヨタ C-HRを街でやたら見ませんか?実際どれぐらい売れているの?

トヨタ C-HRを街でやたら見ませんか?実際どれぐらい売れているの?

2015年の東京モーターショーでコンセプトモデルをワールドプレミア、2016年末に市場へ投入したコンパクトSUVのトヨタ C-HR。発売から半年以上経つわけですが、街中、...

更新日:2017/08/14    
レクサスの新旧フラッグシップ、LFAとLCの違いとは?

レクサスの新旧フラッグシップ、LFAとLCの違いとは?

レクサスのフラッグシップスポーツクーペとして2017年にデビューしたLCと、2010年に世界限定500台でデリバリーされたスーパースポーツLFA。いずれもレクサスのブラン...

更新日:2017/08/14    
300万円のセカンドカー…あなたなら何を買う?

300万円のセカンドカー…あなたなら何を買う?

セカンドカーを持てるというのは、環境はもちろん金銭面でも非常に恵まれたことでしょう。スポーツモデルであれ、SUVモデルであれ、実用性といった枷から逃れ、なんでも自由に選ぶ...

更新日:2017/08/10    
5万台突破!日産の自動運転技術「プロパイロット」ってどんな悪条件下でも作動するの?

5万台突破!日産の自動運転技術「プロパイロット」ってどんな悪条件下でも作動するの...

2016年8月に販売開始した現行型日産 セレナに搭載された同一車線自動運転技術「プロパイロット」。2017年6月にはエクストレイルにも搭載され、約2ヶ月後の7月末には、搭...

更新日:2017/08/10    
盗難される車No.1は!? ハイエース、ランドクルーザー、プリウス、どれでしょう?

盗難される車No.1は!? ハイエース、ランドクルーザー、プリウス、どれでしょう...

所有している車が、ある日消えてしまったら…。そんな盗難は、後をたちません。日本損害保険協会の調べによると、盗難に遭いやすい車は、トヨタ車が上位を占めています。それだけ人気...

更新日:2017/08/10    
憧れの「トヨタ 2000GT」を購入できたら…維持費はいくらかかる?

憧れの「トヨタ 2000GT」を購入できたら…維持費はいくらかかる?

トヨタ自動車とヤマハ発動機の共同開発によって、日本初の本格的なスポーツカーとして1967年に登場したのがトヨタ 2000GTです。海外オークションでは、1億円以上の価格で...

更新日:2017/08/10    
クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

クラウン アスリートやレクサス LSなど…純正ホイールがカッコいい国産車5選

車のカスタムには色々ありますが、見た目で手っ取り早いのがホイール交換。魅力的な社外品ホイールも多いですが、今回は現行車の純正ホイールで、筆者が純粋にカッコいいと思った車種...

更新日:2017/08/09    
2017年夏。新車でMTが用意されている国産車4選

2017年夏。新車でMTが用意されている国産車4選

日本車の変速機の主流はオートマチックトランスミッション(以下AT)になり、マニュアルトランスミッション(以下MT)は玄人のためのミッションと思いきや、実用車にも用意されて...

更新日:2017/08/09    
なぜ「日本ではスーパーカーは生まれにくい」と言われるのか?

なぜ「日本ではスーパーカーは生まれにくい」と言われるのか?

トヨタ 2000GTやホンダ NSX、日産 GT-Rなど、日本には世界に誇れるクルマが多数存在します。海外で日本車が高く評価されることは、日本人にとって喜ばしく、同時にと...

更新日:2017/08/08    
約40年以上前のサバンナ RX-3に4ローター「R26B」を搭載するとどうなる?

約40年以上前のサバンナ RX-3に4ローター「R26B」を搭載するとどうなる?

1971年にデビューしたマツダ サバンナ(RX-3)は、当時無敵を誇っていた日産 スカイラインGT-Rの50連勝記録を食い止めた伝説の車としても知られています。そのサバン...

更新日:2017/08/07    
軽旧規格が面白かった!? あの頃の軽自動車たち 〜スポーツクーペ編〜

軽旧規格が面白かった!? あの頃の軽自動車たち 〜スポーツクーペ編〜

黄色いナンバーだと思って油断していると、痛い目を見るハイスペックな軽自動車。コペンやS660など、軽スポーツの販売は続いているものの、現在は200万円近い実用車(トールワ...

更新日:2017/08/04    
輸入車に負けない!ワイド&ローな国産車5選

輸入車に負けない!ワイド&ローな国産車5選

かつての国産車は現在のモデルと比べると、非常にコンパクトでした。これは、当時の道路事情や、ボディサイズによって税金が違うといった点からの潮流といえます。しかし現在、気付け...

更新日:2017/08/03    
なぜ失敗作と言われた?ホンダ 1300の3つの欠点

なぜ失敗作と言われた?ホンダ 1300の3つの欠点

みなさんは、ホンダ 1300というクルマをご存知ですか?2輪から4輪車製造に踏み出し始めたホンダが、ファミリーカーとして開発したホンダ1300ですが、現在では”迷車”や”...

更新日:2017/08/03    
エスカルゴ、ラシーン、パオ、Be-1…いまでも通用しそうな1980〜90年代の日産車5選

エスカルゴ、ラシーン、パオ、Be-1…いまでも通用しそうな1980〜90年代の日...

Be-1を筆頭にバブル時代に発売された日産のパイクカーたち。発売から30年近く経過しても、いまだに新鮮なデザイン、存在感の強さはさすがです。

更新日:2017/08/02    
日産GT-RとBMW M4…約1,000万円のスポーツクーペはどちらが楽しいのか?

日産GT-RとBMW M4…約1,000万円のスポーツクーペはどちらが楽しいのか...

日産GT-RとBMW M4。どちらもサーキットでドライビングを思う存分、楽しみたいと思わせてくれるクルマです。ドイツのニュルブルクリンクで鍛えられ、性能に磨きを掛けたこの...

更新日:2017/08/01