冬にボディカバーをかけた方がいい理由

ボディカバーの有効性

ボディカバー

春の黄砂や花粉の付着、梅雨や夏のゲリラ豪雨、強い日差しによる室内温度の上昇秋の落ち葉や砂塵…さらには、イタズラや盗難被害など。駐車した車には、さまざまなトラブルが付きものです。

大切な愛車は、シャッター付きのガレージに保管ができればベターですが、そうもいかない。けれど、愛車をいつまでも綺麗に保ちたい、大切にしたいというオーナーにとって、ボディカバーは必須のアイテムです。

ボディが汚れるのを防ぐのはもちろん、洗車の回数も減るので、洗車傷を減らし、結果愛車を綺麗に保つことができようにもなります。

冬にも効果テキメンなボディカバー

雪

冬は日差しが強いわけでもないですし、ボディカバーを使うことによる恩恵は少ないように思われますが、そんなことはありません。

寒い朝のフロントガラスやドアガラスの凍結、霜を予防するほか、降雪した朝も車体から雪下ろしをする必要が無いので、カバーを外せばすぐに出発することができます。また、雪の塊を降ろす際にできる小傷も防ぐことができます。

車の霜取り作業って、結構大変ですし、時間のない朝ならなおさらです。ボディカバーがあれば、ガラスの凍結を防止できるので、ぬるま湯(熱湯は厳禁です!)をガラスにかけたり、凍結防止剤を使用する必要もなくなります。

ボディカバーにはデメリットもある?

愛車をダメージから守ってくれるボディカバーですが、着脱時にボディに傷がつくなどのデメリットを懸念している方もいるでしょう。

ボディカバーの生地が擦れることによる摩擦傷は、あからさまに目立つものではありませんが、継続的に使い続ければ、密集した細かな傷が目立つ可能性は否定できません。

そういった傷でも気になるという方は、ボディに優しい素材のカバーを選べば、傷を最小限に抑えることができますし、洗車キズや磨き傷の方がボディカバーの傷よりもよっぽど目立つ可能性はあるのです。

ボディカバーの選び方

ボディの傷を最小限に抑えたいなら、ボディカバーは裏地が起毛になっているものを選ぶと良いでしょう。それだけでボディにつく傷はぐっと抑えられます。

また、留め具がついていて風でばたつかないタイプだと、より傷を防ぐことができます。ボディカバーの購入を考えるのであれば、この2点を重視すると良いでしょう。

毎日のように運転するという方は、駐車直後にマフラーの温度を気にしなければならないなど手間が多く使いづらい面もありますが、週末や月に数回しか乗らないという車で、いつもきれいに保ちたいという方にはボディカバーが絶対におすすめです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives