動物が飛び出してきたから急ブレーキ!は違反!? 正しい行動とは?

高速道路での"ロードキル"…もっとも多い犠牲者はタヌキ

高速道路3車線

2013年のデータですが、NEXCO東日本管内の高速道路だけで、約18,600件のロードキル(車に轢かれて動物が犠牲になること)が発生しています。

犠牲となるもっとも多い野生動物はタヌキ(全体の44%)で、次に鳥類(27%)が続きます。タヌキは、びっくりすると丸まって動けなくなる習性があるため、事故の犠牲となることが多いようです。

高速道路の管理者側も動物の侵入を防ぐ柵を設置し、注意喚起の標識設置や道路構造物を利用した“けもの道”(高速道路下にある獣用の通路)を確保するなど、さまざまな動物侵入防止対策を行っていますが、それでも年間多くの動物が車に轢かれています。

では走行中、目の前に動物が飛び出してきたら、どうすれば良いのでしょうか?

次ページ道路に急に動物が飛び出して来たらどうしたらいいのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事