罰金9,000円!? 意外と知らない車間距離のルール

車間距離不保持(通称:あおり運転)とは?

道路 車線変更

追い越し車線をのろのろ走っている車の後ろに、いかにも速そうな車が、煽るようにしてぴったりくっついて走っている…、高速道路の追い越し車線などで、たまに見かける光景ですね。

また、遅い車が左の走行車線に移りたくても、左側に車がつまっている状態ではなかなか車線変更できないというケースもよくあります。

後ろから煽られるのは結構なストレスですし、何より怖いですよね。焦ってハンドル操作を誤り事故につながる危険もあります。

というわけで、実は、後ろにぴったりついて走ることを「車間距離不保持」、通称「あおり運転」といい、道路交通法違反になります。

車間距離不保持違反は、前車が急停止した際に、追突そのほかのトラブルがなく、安全に停止できる車間距離を保っていないと成立します。

違反かどうかは別にして、追突事故の場合は、ほぼ100%追突した車の責任になります。たとえ前車の運転が遅くてイライラしても、安全に停止できる車間距離をとって、安全運転に努めましょう。

また、煽られやすいクルマは、後方を確認せずに走る初心者が多い傾向にあります。前だけではなく、ミラーで後方を確認しながら走りましょう。

次ページ車間距離不保持の場合の反則金は?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事