なぜ市販車は、法定速度以上のスピードが出せるのか?

皆さんもご存じのとおり、一般道路・高速道路には、法令で定められた最高速度があります。しかしメーカーが販売する車両は、それを超える速度で走ることが可能です。法定速度を守らせたいのであれば、それ以上の速度が出ないようにしてしまえば良いはず。なぜそうではないのでしょう?

Chapter
日本国内の道路の法定速度
市販車が実際に出せる速度
国産メーカー各社の考え方はどうなっている?

日本国内の道路の法定速度

アウトバーン

日本国内の道路で、出していい最高速度を「法定速度」と呼びます。

特に標識など指定がない限り、自動車の法定速度は一般道路で60km/h(緊急車両は80km/h)、高速道路では、100km/h(大型自動車は80km/h)と道路交通法施行令で定めています。

一般道は40~60km、高速道路では80~100kmとなっているのが一般的でしょう。

では、実際に市販される車が出せる速度はどれくらいでしょうか?

次ページ
市販車が実際に出せる速度は?