都内でよくみるバス専用車線…これって走っていいんですか?

バス専用車線とは?

バス専用車線

まずは、バス専用車線についておさらいしましょう。

バス専用車線とは、バスレーンと普段呼ばれています。このバスレーンには、バス専用レーンとバス優先レーンの、2種類があるというのはご存知でしたか?

まずバス専用レーンは、路線バスやスクールバス、緊急車両が走行できます。その他に、原付、軽車両、小型特殊自動車も、特別な規制がない限り走行することができます。また、地域によっては、タクシーなどの走行も認められています。

一方、バス優先レーンは、全ての車両が通行することができますが、バスが近づいてきたら速やかに他の車線へ移動しなければなりません。また渋滞時など、バスが近づいてきてもスムーズに車線移動ができない場合の走行は認められていません。

しかしバス専用レーンと同様に、原付、軽車両、小型特殊自動車は、バスが接近してきても、優先レーンから出る必要はありません。

次ページバス専用レーンは一番左の車線が常識?一般車は通れる?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事