三菱の逸品。「ランエボ」の華麗なるヒストリー

ランエボの画像で見るヒストリー

ランサーエボリューションⅠ

初代ランエボ。1992年にWRC(世界ラリー選手権)に向けで開発されたクルマです。250馬力を持ち、発売当初から話題を呼んだクルマでした。

ランサーエボリューションⅡ

エボ2。1994年に発売されたエボ2は、260馬力に向上、さらに足回りの改善によりWRCで初優勝を果たしました。

ランサーエボリューションⅢ

エボ3。1995年に発売され、270馬力へと向上しました。WRCでも活躍を重ねていきます。

ランサーエボリューションⅣ

エボ4。エボ3をフルモデルチェンジした一台で、1996年に発売されました。新システムAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)が採用され、コーナリングの性能がグンとあがります。

このAYCは改良を重ねながら、最新のエボ10にも引き継がれています。

ランサーエボリューションⅤ

1998年に発売されたエボ5。ワイドボディ化し、3ナンバーとなりました。

改造をさほど行わないグループAに所属しながらも、改造範囲が比較広く認められているグループNにて優勝を果たすなど、活躍をみせたランエボです。スゴイですね!

ランサーエボリューションⅥ

1999年に発売され、WRCで最も活躍をみせたエボ6。なんとエボ3からランエボに乗っていたトミ・マネキンがドライバーズチャンピオンを4連覇!その記念に特別仕様のクルマも作られました。


ランサーエボリューションⅦ

2001年、エボ6をフルモデルチェンジしたエボ7が誕生しました。この頃から国内レースに特化していくようになります。

ランサーエボリューション Ⅷ

2003年に作られたエボ8。富士山型のブーレイ顔(※)が最大の特徴ですね!三菱らしいです。

(※)ブーレイ顔:三菱のデザイナーとしても活躍したオリビエ・ブーレイによって作られたデザイン。三菱のマークが三角形の台座の上にあるデザイン(フロントグリルの一種)のことを指す。三菱のブランドイメージを作るため、一時期多くの車で使用された。

三菱ランサーエボリューションIX

2005年に発売されたランエボ9。ブーレイ顔は不評だったらしく、あっという間に廃止されています。

ランサーエボリューションX
ランサーエボリューションX

そしてランエボ10!フルモデルチェンジを果たし、生まれ変わったランエボです。

残念ながら、この代でランエボは生産終了するようです。一つの時代を形づくった名車の歴史が終わるとは、なんだか寂しい気持ちです。

いかがでしたか?歴代ランエボの軌跡を振り返りましたが、世界中で多くのファンを魅了するそのスタイリング、マシンとしての素晴らしさは、いつまでも語り継がれることでしょう。

ランエボ中古で買うならエボIX? or エボVI T.M.E?
2015年ランエボ生産終了!23年の歴史に幕を下ろしたその理由とは?
ランエボ総選挙 結果発表!! 見事、1位に輝いたのは何代目... !?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事