比較されることが多いドラムブレーキとディスクブレーキ…双方の良さとは?

ディスクブレーキの優位性

ディスクブレーキとは、車輪と一緒に回転している「ディスクローター」と、接触面に摩材を貼り付けた「ブレーキパッド」を接触させた摩擦力で、走行中の車に制動力を発揮させるものです。

この方式はブレーキが外部に露出しているので放熱性が高く、高速走行からの制動力に優れます。過熱による摩材の炭化やブレーキフルードの沸騰、それによるブレーキの利きを失う「フェード」が発生しにくいという利点もあるのです。

また、表面についた水やホコリなども除きやすく、総合的に見て制動力が安定しており、大抵の車は負担が大きい前輪にディスクブレーキを使いますし、重量やセッティングの都合などで後輪の負担が大きい車の場合は、後輪にもディスクブレーキを使う事が多いです。

ただし、ドラムブレーキの「ブレーキシュー」と比べると制動のための「ブレーキパッド」が小さく、磨耗が激しいので、耐摩耗性と制動力の両立が難しいという欠点もあります。

ディスクブレーキはチューニングやドレスアップも容易

ドラムを開ける必要のあるドラムブレーキと違い、メンテナンス性が良いのがディスクブレーキの利点ですが、同時にアフターパーツとの交換が容易という事でもあります。

また、タイヤホイールの隙間から覗くブレーキローターや、ブレーキパッドをブレーキローターに押し付ける「ブレーキキャリパー」は車の足元の見栄えに大きく影響します。そのため、大径ローターやドリルドローター(穴あきローター)、スリットローター(溝つきローター)に換装したり、ブレーキキャリパーをブレンボなどのブランド品にしたり、耐熱塗料を塗って見た目だけでも高級品のように見せるケースも。

しかし、ローターの大径化などの強化を安易に行うと、ブレーキバランスを崩したり、大型化した分だけ重量が増加してしまうなど、デメリットもあります。本来はよほど設計に問題のある車か、競技やレース、サーキット走行会でも行かない限り不要なパーツなので、ドレスアップ目的の場合は走行性能に悪影響を及ぼさないよう注意しましょう。

様々なパーツへの交換ができるのはディスクブレーキの長所ではありますが、安全な走行に関わる重要部品なので、用途に応じた適切なパーツ選択が大事です。

次ページドラムブレーキにも、ディスクブレーキに無い良さはある

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事