なぜタイヤに窒素を入れるのか?果たして本当に効果はある?

メリットはいろいろ謳われています

タイヤ空気入れ

タイヤへの窒素ガス充填メリットは、さまざまあると喧伝されています。その中でも、以下の3つを取り上げましょうか。

1、漏れにくく適性内圧を保つ
これは安全性にもかかわる項目ですよね。タイヤの内圧低下に気がつかないまま走行して、危ない目にあってしまうことも減るかもしれません。また燃費の観点からもメリットがあるといわれます。

2、タイヤの劣化軽減
窒素ガスは水分を含まず、タイヤやホイールの酸化や腐食を抑えると言われています。とくにタイヤの劣化は路面との磨耗によるものだけではありませんから、これはちょっと無視できない項目かもしれません。

3、ロードノイズ低減
これは窒素ガスの特性として、音を伝えるのに時間がかかるという部分が物を言っているようです。タイヤ部分、あるいは窒素ガスの部分である程度音を抑えてくれているなら快適性にも多少ならず影響はありそうです。

走ってみてどうか?

さて、それまで空気をタイヤに入れていたクルマが、タイヤ交換時に窒素ガスに変更したその場に居合わせ、乗り比べたことがあります。

確かにロードノイズは、小さくなったようでした。さらに、転がりもよくなったし、スピードの伸びも良い感じです。だけどこれはニュータイヤ効果、そんな印象でした。

次ページ保管してみてどうなのか…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事