「燃費や維持費を聞くのはご法度」「車1台なのに、複数のキーがある」…旧車あるある15選!

そもそも、旧車の定義とは?

「旧車」とは、ヒストリックカーやノスタルジックカー、ヴィンテージカーなど、呼称はさまざまで、その旧車の定義はそれぞれの国によって違います。

2017年の日本クラシックカー協会が主催するイベントの参加基準では、原則的に「1975年までに生産された車両」としているので、おおまかには1970年代に生産された車は旧車といってよいでしょう。

ちなみに新車登録から13年以上の車には、自動車税が重くなります。この理由は「古い車は環境負荷が大きい」ということに起因しているようです。

とはいえ、特殊な例もあります。東京都に限定された制度になりますが、指定する粒子状物質減少装置を装着するディーゼル自動車および1945年(昭和20年)までに製造された自動車は、納期限までに申請することにより、重課分を減免されるのです。

1945年というと70年前、太平洋戦争が終わった年にあたります。現実的に、この制度に該当する車がどのくらい現存しているでしょうか?この制度が、より幅広い年代の車や地域に拡散してくれることを願うばかりです。

次ページでは、旧車あるある~、一気に行ってみます!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事