30年前の少年達へ…。懐かしのどっかんターボなクルマ5選

最近では、あまり耳にする機会がない「どっかんターボ」。ベテランのクルマ好きなら、歴代の愛車の中にどっかんターボだったモデルがあるかもしれません。どっかんターボとは、ターボを備えたクルマが、ある一定の回転域に達すると、急激に過給が掛かる特性を持つエンジンおよびクルマを指します。どっかんターボ特有の性質から、そのクルマにあった運転が求められていた時代がありました。では、どっかんターボと呼ばれたモデルたちをピックアップしてご紹介しましょう。

Chapter
①ホンダ シティターボⅡ
②三菱 ランサーターボ
③日産スカイラインターボRS(6代目)
④スターレットターボ
⑤ポルシェ911ターボ(930)
改造することで、あえて強烈などっかんターボに

①ホンダ シティターボⅡ

シティ ターボⅡ、通称「ブルドッグ」の名で親しまれたモデル。

1983年に登場したシティ ターボⅡは、1.2リッターターボに、インタークーラーを装備し、0.85kg/cm2の過給圧から110psの最高出力を発揮。さらに、4,000回転以下でアクセルを全開にすると、過給圧を10秒の間に約10%アップする「スクランブル・ブースト」機構を備えるなど、過激な仕様でした。

外観は、前後オーバーフェンダーにビッグパワーバルジ、エアインテークを備えたリアフェンダーなど、アグレッシブな印象。そして車重はなんと735kg!熱い走りを予感させる佇まいが魅力でした。

②三菱 ランサーターボ

三菱 ランサーEX 1800ターボ

ランサーEX1800ターボGT、通称「ランタボ」の名で親しまれたモデル。それはつまり、ランエボの祖先であることを意味します。

現在も根強いファンを持つ1979年から1987年にかけて生産された、ランサーとしては2代目にあたるモデルです。

1.8Lエンジンは、電子制御燃料噴射と三菱重工製TC05型ターボチャージャーを装着し、最高出力135psを発揮。水冷式インタークーラーが装備された1800GSR発売は1983年。エンジンの最高出力は、160psでした。

次ページ
あの人気スカイラインやスターレットなど…