車の前期型と後期型、どちらを選ぶのがお得なの?

「商品力向上」は名目?

以前は、ほとんどの車が約4年のサイクルでモデルチェンジを行い、その度に新規需要を掘り起こしてきました。つまりメーカーおよびディーラーは、新規顧客を4年毎に獲得できたわけです。ゆえに新陳代謝が非常に早く、簡単に言ってしまうとユーザーから飽きられてしまうのも早いわけです。

ところが、昨今の日本車は、モデルチェンジサイクルが長くなっています。そうなると困るのが、新規顧客の掘り起こしのサイクルが長くなってしまうこと。それを回避するためには、マイナーチェンジで商品力を高め、ユーザーの関心を集めることが必要になります。

しかしその際に、ただ”ユーザーの気を惹く”ことを目的としているのか、あるいは目に見えない部分にまでしっかりと手を入れて、”クルマとしての実力”を高めているのかは大きな違いです。

問題は、それが見た目からはわからないところ。このあたりが前期型・後期型どちらがいいのかわからない、という悩みのもとではないかと思います。


次ページよかった事例をひとつご紹介

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事