FF、FR、MR、RR、4WD…それぞれの走りの特徴は?

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)

前輪駆動はフロントタイヤから限界を迎える?

ホンダ シビック タイプR

現在、市販されている乗用車においてもっとも多く採用されているのがFFレイアウトだ。フロントにパワートレインを集中させることでパッケージングにおいて有利で、キャビンやラゲッジを広くとることができる。

走りの面では、前輪が操舵と駆動の両方を担うためにパワーをかけていったり、路面が滑りやすい状況などではフロントタイヤから先に限界を迎えやすく、いわゆる「アンダーステア」といって外側にクルマがはらむような挙動になりがちだ。

ただし、フロントタイヤが限界を迎える手前の領域では、ブレーキングでリアタイヤの荷重が抜けやすく、後輪が滑りやすいことによるスピンモード(オーバーステア)に陥りやすい傾向も見て取れる。荷重が後ろに移動する加速時には駆動輪(前輪)の荷重が抜ける傾向にあるので、トラクション性能ではもっとも劣るレイアウトといえる。

現代の車は、なぜFFレイアウトが多いのか?
操縦安定性と乗り心地を高次元で両立!シビック タイプRのサスペンションの秘密

FR(フロントエンジン・リアドライブ)

操舵と駆動を前後で分けた古典的レイアウト

日産 スカイライン 200GT-t

乗用車では大型セダンやスポーツモデルに限られるレイアウトだが、トラックなど商用車では主流派なのがFR(フロントエンジン・リアドライブ)だ。基本的には前からエンジン・トランスミッション・プロペラシャフト・リアディファレンシャルといった流れで駆動力が後輪に伝わる仕組みだ。

前輪が操舵、後輪が駆動を担う上に、前後重量バランスにおいても有利なレイアウトといわれ、走りの面ではFFに対してアドバンテージを持つ。前後同サイズのタイヤを履いているという前提でいえば、滑りやすい路面などで限界を迎えやすいのは後輪で、そのため限界域でアクセルを踏み込むとリアがスライドする(オーバーステア)状態になりやすい。

一方で、タイヤの限界内での挙動としては早めのアクセルオンによって車体が外側に押し出される「プッシュアンダー」という状況になりがちだ。

MR(ミッドシップ・リアドライブ)

ミッドシップは重量物のエンジンを中心に配置

ホンダ S660

ミッドシップというのは車体の中央(前後タイヤの間)にエンジンを搭載しているレイアウトのことで、乗用車では超少数派。一方で、F1やWECといった純レーシングマシンの世界では主流派となっている。いわゆるスーパーカーなど走りを最優先したクルマが採用するのがMRというわけだ。

国産の乗用車ではホンダ S660が唯一のMRを採用するモデルだ(NSXはMRを基本とするがアメリカ製だし、ハイブリッド4WDのため)。

さて、MRの特徴といえるのはコーナリング性能の高さ。車体の中でも群を抜く重量物であるエンジンをボディ中央付近に置くことで、エンジンという重量物に発生する慣性力(イナーシャ)の影響を抑えることができる。また、駆動輪である後輪の前方にエンジンを置いていることはトラクション性能の高さにもつながり、素早く曲がり、鋭く立ち上がる走りが期待できるのだ。

欠点はフロントの荷重が少ないため曲がりはじめのアクションをスムースに行なうのには少々のドライビングスキルが必要なこと。とはいえ、公道を常識的なスピードで走っているぶんには難しさなどみじんも感じさせないのが現代のMRスポーツカーではある。

”おひとりさま専用スポーツカー”S660に2年半乗って思ったこと

RR(リアエンジン・リアドライブ)

リアエンジンのクルマは独特のクセがある

ポルシェ 911 ターボS

乗用車でRRレイアウトを採用しているクルマといえば、言わずと知れたポルシェ911となるが、現時点において日本で購入できるRRの乗用車としてはルノー・トゥインゴのようなコンパクトカーもある。そのほか、よく見かけるRRのクルマといえばバスもそうだ。

コンパクトカーやバスがRRを採用する理由はパッケージで有利だから。FF同様に、ボディの端っこにパワートレインを集中させることでキャビンを広くとることができるのだ。また、バスにおいては低床化にも寄与している。

走りの特徴としてはMRに近く、コーナリングでいえば進入でフロントタイヤに仕事をさせるのが難しく、立ち上がりのトラクション性能は高い。ただし、重量物のエンジンをボディ後端に積んでいるため限界を超えたときの動きはクイックで対処は難しい。もちろん、現在のクルマはタイヤのグリップも高く、横滑り防止装置などの電子制御も進んでいるので、そうした難しさを実感することはほとんどないだろう。

ついに991から992型へ!新型ポルシェ911は、どう変わる?

4WD(四輪駆動)

4WDはエンジン搭載位置によって性格が変わる

スバル フォレスター 2018

以上、大きく4つのレイアウトに分けることができるが、それぞれが4WDへ展開することが可能で、多くのモデルが登場している。いずれも前後輪に駆動力を分配することでトラクション性能は高い。とくにFFについては、雪道などでトラクション性能の明確な違いを感じることができるだろう。

クロスカントリータイプの4WDでは前後の駆動力配分が固定されていることもあるが、ほとんどの乗用モデルで前後駆動力が状況に応じて可変するようなっているため、4WDだからといってクセが強いということは少ない。

とはいえ、基本的なキャラクターとしては元々のレイアウト(FF、FR、MR、RR)の影響は色濃く残っている。ちなみに、AWD(常時全輪駆動)をセールスポイントとしているスバルの4WDは、基本設計としてはFFベースといえるものだったりするのは、意外に見落としがちだろう。

新型フォレスター、マイルドハイブリッド「e-BOXER」と2.5L NAエンジン車どちらを選ぶべき?
パートタイム4WD、つねに4WDで走らないほうがいい理由

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives