緑ナンバーのトラックと白ナンバーのトラックの違い

白ナンバーと緑ナンバーの違い

緑ナンバー

普通自動車や大型自動車は通常、白ナンバーです。白ナンバーというのは自家用自動車であり、多くの人が乗っているマイカーが白ナンバーになります。

白ナンバーの規定は、用途を自家用に限り、商用での使用についても自社で販売する商品の運搬を行うために使用するものと定められています。

したがって5ナンバーの小型自動車を貨物車両とした4ナンバーや、3ナンバーの普通自動車を貨物車両とした1ナンバーにしても、自社用品を販売するために運搬をするクルマ、また宅配サービス(ピザ屋さんやお弁当屋さん)を行うクルマも白ナンバーで運行します。

一方、バスやタクシーなどで見かける緑ナンバーは、事業用自動車であり、運送や物品の運搬自体を生業として営んでいる場合に使用します。

バスやタクシーなどの人の運搬を営業目的とするものや、引っ越し業者や宅配便など、運搬している商品を販売して利益を得るのではなく、運搬費用を利益として受け取る場合は、緑ナンバーでの運行が必要です。

最近では宅配便の代行業で、メール便などを荷受けし自家用車で配達するケースがありますが、その場合は「自家用自動車有償運送許可証」というものを国土交通省から発行してもらえれば、白ナンバーでの荷受けが可能です。

緑ナンバーは自動車保険が大変

緑ナンバーで一番困るのは、自動車保険です。筆者も自動車ディーラー勤務時代に法人の緑ナンバー車両の自動車保険を担当させていただいていましたが、保険料の違いに愕然としました。

同一車種のトラックを緑ナンバーで登録し、任意保険に加入した場合、白ナンバーの車両に比べて1.5倍から2倍近い保険料となります。また、緑ナンバーを引き受けてくれる保険会社は少なく、保険料が安いと言われる通販系(ネット自動車保険)ではほとんど引き受けをしてくれません。

メリットも大きい緑ナンバー

その一方でメリットもあります。税金面では、トラックの場合、白ナンバーが年間25,500円~40,500円であるのに対し、緑ナンバーは18,500円~29,500円。(※積載量に応じて金額が変わります)

また、車両購入の際の自動車重量税も、白ナンバーでは20,500円~36,900円のところ、緑ナンバーでは13,000円~23,400円となっています。(※車両総重量に応じて金額が変わります)

されに公共事業を受注する場合、緑ナンバーのトラックでないと行えません。緑ナンバーは国から認可された運送業者という裏付けになるので、信用が格段に上がるのも特徴です。

取得に際しては、トラックドライバー(会社の従業員)の社会保険の加入が義務付けられます。運送業界や建築業界では、福利厚生が整っていない企業もまだありますので、ドライバーの安心にも繋がります。


白ナンバーか緑ナンバーの区別としては運賃を利益としているかどうかなので、街中で緑ナンバーのトラックを見た場合は「運送のプロ、頑張れ!」と応援してあげましょう。

-----------------
文・赤井福
大学卒業後、金融業に従事。その後、6年間レクサスの営業マンとして自動車販売の現場に従事する。若者のクルマ離れを危惧し、ライターとしてクルマの楽しさを伝え、ネット上での情報発信を行っている。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives