道路に描かれたひし形マークなど、忘れがちな標識・標示5選

ひし形(ダイヤ)マーク

住宅街 道路 ひし形

この路面標示、街中でとてもよく見かけますよね。なにを意味するか、覚えていますか?答えは「前方に横断歩道または自転車横断帯あり」ということを示すもので、信号のない横断歩道の手前に標示されています。

ダイヤマークは通称2つが縦に並んでおり、1つ目は横断歩道手前50m、2つ目は30m手前に標示されています。カーブや上り坂、街路樹の路上駐車の多い場所など、歩行者が確認しづらい、見えづらいシーンで活躍する、ドライバーに危険予知をさせるための大切な標示なのです。

優先道路

優先道路 標識

クルマを運転中、信号や停止線・一時停止の標識などがない交差点で、どちらが優先道路であるのか迷うことはありませんか?優先道路かは、以下で判断します。

①交差点内に中央線か車両通行帯が描かれているほうが優先道路
②優先道路を示す道路標識が設置されているほうが優先道路

この標識はその「優先道路」を示す標識です。ちなみに上記の①②どちらの標示もない場合は、明らかに道幅が広いほうの道路が優先、また道幅が同じような場合は、左に見る車に優先権があります。覚えておきましょう。

安全地帯

安全地帯 標識

青字に白くV字のような図形が描かれた標識は、安全地帯を表しています。通常は、その奥に黄色いワクで囲われたスペースがあり、プラットホームのない路面電車の停留所や、鋭角交差点などに設けられています。

これは、路面電車の乗降客や道路を横断する歩行者の安全確保のための、安全地帯があることを示す標識です。

安全地帯内に歩行者がいる場合には、車両がそのそばを通る際には徐行しなければならなく、安全地帯の左側とその前後10m以内は駐停車禁止です。またこの安全地帯には、車両が進入することはできません。しっかりと覚えておきましょう。

次ページ最高速度があれば最低速度もある!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives