確認しておきたい!非常時に牽引する際のルール

牽引に免許は必要?

牽引フック

道交法における牽引は、牽引される側の車両の総重量(乗車している人や荷物を含む)が750kgを超える場合には、牽引免許が必要になります。

ただし、故障車を修理工場まで運ばなければならないなど、やむを得ない場合は、牽引免許がなくても車両を牽引することができます。このとき、牽引される側(故障車両)に乗車するのは、その車両を運転できる免許を持った者でなければなりません。

牽引を行うために必要なもの

牽引には、カー用品店などで販売されている「牽引ロープ」などを使います。牽引ロープとして販売されているものは、両端にフックが付いており使用が簡単。車両を牽引するための十分な強度もあり、また牽引車と故障車の距離を適切にとることができます。もちろん専用ロープではなく、頑丈なロープであれば牽引は可能です。

とはいえ、たまたまクルマにロープがあるということは考えにくいので、山道などへ行く機会が多い方は、自分のためにも他車を助けるためにも牽引ロープを準備しておくことをお勧めします。

実際に牽引してみましょう

牽引

牽引する車両はリア側、牽引される車両はフロント側に牽引フックを装着して、そこに牽引ロープを引っ掛けます。その際、牽引車と故障車の距離を5m程度にして、ロープに30cm以上の白い布をつける必要があります。

その状態で牽引する側のクルマに乗ってみると、後ろのクルマまでかなり遠いことに気が付きます。牽引する側は、つねに牽引される側を気遣って運転しなければなりません。

急な発進、停止はもちろん厳禁ですし、カーブを曲がる際には、後方の車両が引っ張られているだけなので、内輪差に気を使う必要があります。後続車両がしっかりと曲がりきれるスペースを確保して、曲がりましょう。走行速度は、時速30km以下が理想です。

ちなみに牽引する際には、クルマの前端と牽引されるクルマの後端までは25m以内、普通自動車で引っ張ることができるのは2台までという制限があります。

次ページ自分が牽引される場合は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives