自動車のマフラーの構造とは?どういう役目があるの?

マフラーの役目とは?

日産 GT-R マフラー (2016)

自動車のマフラーは、エンジンの燃焼によって起きた爆発音を吸音し、静音する役目を担っています。また、排気ガスをテールパイプから外に排出する役目があります。

マフラーは、法令で必ず装着をすることが定められており(除くEV)、公道を走る自動車には必須の部品です。

マフラー、横に設置OKに!? 前にマフラーを出すことも可能?

自動車のマフラーの構造とは?

マフラーは、排気パイプの終端部付近に設置され、ひとつのマフラーでは十分に消音できない場合には、左右に分けたり、パイプの途中にプリマフラー(サブマフラー)を設け、2段階に消音を行うこともあります。その構造には、ストレート式、多段式、可変式の3つがあります。

①ストレート式マフラー
多数の小さな穴の開いたパイプが、マフラーのケースを貫通した構造です。ケースのなかには吸音材が詰められています。排気効率の良いスポーツマフラーに多く見られます。

②多段式マフラー
現在のマフラーの主流で、多室マフラーとも呼ばれ、いくつものパイプとバッフルプレートという仕切り板が組み合わさった構造です。排気ガスは、これらのパイプを通過して、バッフルプレートで仕切られた部屋を移動することで、圧力が低減され、排気音量が下がります。

③可変式マフラー
マフラー内部の構造が固定でなく、排気の通り道を変えることで音や圧力をコントロールしたり、排気管内の圧力が強まると経路を変えたりして、音量や音質を変える構造です。

マフラーの設置位置・本数

日産 GT-R バンパー

かつてマフラーは、それ自体が高温になることに加え、吹き出し口からは高温の排気ガスも噴き出すことから、安全性の理由で給油口から離れた場所に設置されていました。

しかし、最近では給油ノズルや燃料タンクの性能や品質が向上したことで、安全性の意味合いは薄れ、左右出しのマフラーも多くみられます。

マフラーの本数は、スポーツカーやスポーツ仕様の車で多い傾向にあります。スポーツ仕様の車は、パワフルな大排気量エンジンであることが多く、騒音も大きくなりがちです。

マフラーの本数を増やすことで、静粛性を向上させると同時に、スポーティなルックスを狙って左右2本出し、4本出しなど、さまざまなスタイルが見られます。

マフラーは1本と2本どちらがいいの?その違いとは?

次ページマフラーの材質、交換によるメリットとは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives