クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

欧州高級サルーンにもベストマッチな国産ホイール-WORK GNOSIS-GR205

BMW5シリーズのエクステリアにも溶け込む美しさ

ワーク Gnosis GR205

"オシャレは足元から"というのは人もクルマも同じこと。ホイールを交換することで、愛車の雰囲気がガラッと変わったという経験をお持ちの方も少なくないと思います。

その一方で、BMW5シリーズなど欧州製ミドルクラスサルーンのホイール選びともなると、エクステリアとのバランスはもちろん、クオリティも一切妥協したくないというのがオーナーの本音ではないでしょうか。

日本を代表するホイールメーカーのひとつ、ワークが手掛けるGNOSIS(グノーシス)シリーズは欧州製サルーンにも相応しい品格と品質を実現しています。

ディテールと性能にこだわるオーナーへ

そのラインナップに新たに加わった「GNOSIS GR205」は、一見するとトラディショナルなファイブスポークタイプに映りますが、スポーク開口部には2つの段を設けたこと、ディスクセンター部の彫りを深くしたディープコーン形状としたことで、繊細な美しさとシャープな立体感を表現。リムに配されるピアスボルトも重厚でエレガントな雰囲気を演出しています。

こうしたディテールへのこだわりに加えて、ディスク部はソリッドな輝きを見せる"ブラッシュド"、鏡のように艶やかな"バフフィニッシュ"など、計5色をラインナップ。ボディカラーとのマッチングにより、愛車をドレッシーにもアバンギャルドにもドレスアップすることを可能としています。

またGNOSIS GR205は、スポーク開口部を大きく設計することで、優れたブレーキ放熱性も実現するなど、ホイールとしての基本性能の高さにも要注目。たとえば2/3ピースホイールでは、製造や組み付けに際しても、高い技能とノウハウが必要となりますが、ワークでは群を抜く高精度と高品質な製品づくりのため、設計から製造にいたるまで一貫して手掛けています。

サイズは、フルリバースリムが18〜20インチ(18inch=7.0J−12.5J/19inch=7.5J-12.5J/20inch=8.0J-12.5J)。ステップリムには、19-21インチ(19inc=8.0J-12.5J/20inch=8.0J-12.5J/21inch=の8.5J-12.5J)をそれぞれ展開。リムの深さもスタンダード、ディープ、ビッグキャリパー仕様など、多彩なラインナップを用意しています。
 
BMW5シリーズに相応しい、エレガントさとスポーティを兼ね備えたホイールを手に入れたい。もちろん、走りにも妥協したくないなら、GNOSIS GR205は要チェックな1本といえるでしょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事