「宮城県・鳴子温泉」おすすめ観光スポット9選!湯めぐりに紅葉の絶景、全国No.1の道の駅など

鳴子温泉 鳴子峡 紅葉

鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉、この5つの温泉はまとめて「鳴子温泉郷」と呼ばれています。

鳴子温泉郷の特徴は日本にある11種の泉質のうち9種が存在しており、湯巡りにはもってこいの場所です。

また気軽に日帰り入浴で温泉めぐりのできる「湯めぐりチケット」が鳴子温泉を始め赤倉温泉・瀬見温泉を足した計7種類販売されており、一日でたくさんの温泉を回りたいという方は現金よりもお得に温泉が楽しめます。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
1.旅行サイトで鳴子温泉ランキング1位のお宿「鳴子温泉 鳴子ホテル」
2.鳴子温泉駅ほど近い、昔ながらの共同浴場「滝の湯」
3.本館・別館で異なる泉質をもつ鳴子温泉のお湯が楽しめる「大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣」
4.鳴子温泉街をパノラマで楽しめる温泉のある、幸雲閣の姉妹館「大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや」
5.鳴子山麓の情緒ある景色を楽しめる!「鳴子温泉 旅館すがわら」
6.鳴子温泉でも珍しい泉質の温泉がある「鳴子温泉 ホテル亀屋」
7.素朴な雰囲気の東鳴子温泉の旅館「東鳴子温泉 旅館大沼」
8.全国道の駅グランプリ2021で満足度1位を獲得!グルメを堪能できる「あ・ら・伊達な道の駅」
9.鳴子温泉屈指の紅葉の名所「鳴子峡」
鳴子温泉に泊まるなら、全国旅行支援を活用しよう

1.旅行サイトで鳴子温泉ランキング1位のお宿「鳴子温泉 鳴子ホテル」

鳴子ホテル 鳴子ホテル

9,000円〜(税込)

創業明治6年の湯治文化を伝承する温泉宿

鳴子温泉を一望できる人気のお宿、「鳴子ホテル」。高台にあるため鳴子温泉の山里がほぼ全てのお部屋から一望できます。

鳴子ホテルの温泉の源泉は外気と湿度によって色が変化するので季節ごとに湯の色の違いを楽しめます。お食事はその場で調理してくれるライブバインキングが人気です。

住所
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36
お問い合わせ番号
(0229)83-2001
アクセス
鳴子温泉駅より徒歩で約5分、古川ICより車で約40分
駐車場
有り 100台 無料 予約不要

2.鳴子温泉駅ほど近い、昔ながらの共同浴場「滝の湯」

「鳴子温泉にきたら滝の湯に入らないなんてもったいない!」と言われるほどの看板湯です。

鳴子温泉駅から徒歩1分と近く、古くから愛されている共同浴場です。鳴子温泉には地元の方のみが入れる共同温泉が数多く存在しますが、この滝の湯は一般人にも開放している浴場です。

脱衣所やお風呂も広くはないのですが、地元の方や観光客、外人の方まで多くに人が立ち寄る温泉です。
 
<滝の湯>
住所:〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元47番地1
料金:大人200円 子ども100円
連絡先(番台):080-9633-7930
アクセス:鳴子温泉駅より徒歩で約1分、古川ICより車で約40分

参照:滝の湯(公衆浴場) - 大崎市
URL:https://www.city.osaki.miyagi.jp/kanko/atatamaru/1/5543.html

3.本館・別館で異なる泉質をもつ鳴子温泉のお湯が楽しめる「大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣」

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣

8,005円〜(税込)

エリア最大級の露天風呂とかに・黒瀬ぶりの豪華グルメを堪能!

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣」の目玉は鳴子温泉最大級の広さをもつ大露天風呂「鳴子百畳露天風呂」です。

男女それぞれ50畳もの広さがあり、大自然に囲まれた開放感あるつくりになっています。


住所
〒989-6821 宮城県大崎市鳴子温泉車湯17
お問い合わせ
0570-030268
アクセス
鳴子温泉駅より徒歩で約11分、古川ICより車で約40分
駐車場
あり(無料)
日帰り入浴
15:00~18:00(最終入場 17:30)

4.鳴子温泉街をパノラマで楽しめる温泉のある、幸雲閣の姉妹館「大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや」

大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや

8,005円〜(税込)

鳴子温泉郷を一望できる浴場

内湯はガラス張りになっている部分があり、そこから鳴子温泉の大自然の風景が楽しむことができます。

展望露天風呂は鳴子温泉街を一望でき、特に夕日に染まる温泉街は絶景です。

大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや」は「大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣」の姉妹館なので、こちらからも幸雲閣の本館・別館の温泉に入浴可能です!

住所
〒989-6823 宮城県大崎市 鳴子温泉字湯元82
お問い合わせ
0570-020268
アクセス
鳴子温泉駅より徒歩で約6分、古川ICより車で約40分
駐車場
あり(無料)
日帰り入浴
14:00~18:00

5.鳴子山麓の情緒ある景色を楽しめる!「鳴子温泉 旅館すがわら」

伝統の宿 旅館すがわら 伝統の宿 旅館すがわら

8,000円〜(税込)

無料の貸切風呂が人気のお宿

鳴子温泉 旅館すがわら」は、泉質は1つですが浴槽の場所や時間によって色やぬめり具合が変わる不思議なお風呂です。また、風情ある日本庭園の中庭に浮かぶ足湯は四季折々を楽しみながらご家族やカップルでも入ることができます。

泉質は美人の湯とも言われるアルカリ泉となっておりますので、「鳴子温泉 旅館すがわら」でお肌の美しさに磨きをかけることができるでしょう。

住所
〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷5
連絡先
0229-83-2022
アクセス
鳴子温泉駅より徒歩で約10分、古川ICより車で約40分
日帰り入浴
10:30〜17:00迄

6.鳴子温泉でも珍しい泉質の温泉がある「鳴子温泉 ホテル亀屋」

鳴子温泉 ホテル亀屋 鳴子温泉 ホテル亀屋

5,300円〜(税込)

鳴子の自然を一望できる展望大浴場が人気

二見源泉と呼ばれる「鳴子温泉 ホテル亀屋」のお湯は薬のような独特の香りがする、体の温まる温泉です。

さらに「鳴子温泉 ホテル亀屋」と「滝の湯」、さらに「しんとろの湯」の3種の泉質が楽しめる宿泊プランなどもありますので、沢山の泉質を楽しみたい方にはこちらのプランがオススメです!

住所
〒989-6821 宮城県大崎市鳴子温泉車湯54−6
連絡先
0229-83-2211
アクセス
鳴子温泉駅より車で約3分、古川ICより車で約35分
駐車場
無料大駐車場完備(普通車 60 台・大型車 6 台)
日帰り入浴
12:00~14:00

7.素朴な雰囲気の東鳴子温泉の旅館「東鳴子温泉 旅館大沼」

百年ゆ宿 旅館大沼 百年ゆ宿 旅館大沼

8,580円〜(税込)

源泉掛け流しの庭園貸切露天風呂など8つの個性的なお風呂が楽しめる

鳴子温泉から車で10分ほどのところにある東鳴子温泉は静かな温泉地です。

都会の喧騒を忘れさせてくれるそんな東鳴子温泉でも人気なのが、ここ「東鳴子温泉 旅館大沼」です。

7つの内風呂に加え「母里の湯」という春夏秋冬を楽しめる庭園露天風呂が特にオススメです!
 

住所
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34
連絡先
0229-83-3052
アクセス
鳴子御殿湯駅より徒歩で約6分、古川ICより車で約35分
日帰り入浴
11:00~14:00

8.全国道の駅グランプリ2021で満足度1位を獲得!グルメを堪能できる「あ・ら・伊達な道の駅」

ドライブで鳴子温泉に向かうなら、立ち寄りにおすすめなのが「あ・ら・伊達な道の駅」。なんと、「じゃらん」全国道の駅グランプリ2021で満足度1位を獲得した大人気の道の駅なのです。

地元の名産品を取り扱う直売所や、フードコーナーなどもあり、レストランのランチバイキングは地元の野菜とお米を使用したお料理が味わえます。

さらに、姉妹都市である北海道当別町の有名チョコレート「ROYCE'」が本場さながらの品揃えで販売しております。特におすすめなのは、一部直営店以外では「あ・ら・伊達な道の駅」しか取り扱っていない濃厚ソフトクリームです。ぜひお立ち寄りの際はご賞味ください♪
 
<あ・ら・伊達な道の駅>
住所:〒989-6405 宮城県大崎市岩出山池月字下宮道下4-1
料金:無料
連絡先:0229-73-2236
営業時間:4月~11月…9:00~18:00
     12月~3月…9:00~17:00
アクセス:鳴子温泉駅より車で約20分、古川ICより車で約25分

参照:大崎市観光でランチするなら|あ・ら・伊達な道の駅
URL:http://www.ala-date.com/

9.鳴子温泉屈指の紅葉の名所「鳴子峡」

鳴子温泉郷の「中山平温泉」地区に位置する約2.6kmもの渓谷です。新緑・紅葉の季節には観光客が多く訪れる人気スポットです。

毎年10月中旬頃から11月上旬にかけては深さ100メートルにも及ぶ大峡谷が美しい紅葉で彩られます。鳴子温泉の紅葉と言えば「鳴子峡」と言っても過言ではないでしょう。

レストハウスもあるので、歩き疲れたら一息休憩をとってゆっくりと散策するのも良いでしょう。
 
<鳴子峡>
住所:〒989-6827 宮城県大崎市鳴子温泉尿前
料金:無料
連絡先:0229-83-3441(鳴子温泉郷観光案内所)
アクセス:鳴子温泉駅より車で約10分、古川ICより車で約50分

参照:鳴子峡 - 大崎市
URL:https://www.city.osaki.miyagi.jp/shisei/soshikikarasagasu/narukosogoushisho/chiikishinkoka/5/3/3087.html

鳴子温泉は1200年の歴史を誇る、昔ながらの風情を残した自然豊かな観光地です。

観光はもちろん食事も魅力です。どこのお宿でも地元宮崎県の新鮮食材を使った自慢の料理が食べられます。

鳴子温泉は旅館によって泉質が異なるので、2泊ぐらいでの宿泊の旅館以外の温泉も巡って、ゆっくりと日ごろの疲れを癒してはいかがでしょうか。

鳴子温泉に泊まるなら、全国旅行支援を活用しよう

全国旅行支援は、政府が行う観光需要喚起策です。旅行代金が最大40%引きになったり、旅行先で使えるクーポンが付与されたりします。

詳しい内容は以下のとおりです。

割り引き内容 旅行代金を40%割り引き(1人1泊上限:交通付き 8,000円、その他 5,000円)
地域クーポン 平日:3,000円、休日:1,000円
利用制限 1回の利用で7連泊まで、回数制限無し
実施期間 2022年10月11日〜12月下旬まで(東京都は10月20日〜)
旅行代金の割り引き内容は、代金が40%割引き(1人1泊上限:交通付き 8,000円、その他 5,000円)されます。また、旅行先で使える地域クーポンは、平日を含む旅行は3,000円分、休日の旅行は1,000円分付与されます。

実施期間は2022年10月11日(東京都は10月20日)〜12月下旬となっています。年明け以降の実施は、その時の需要、感染状況をみて検討されるようです。

予約は楽天トラベルなどの旅行予約サイトや、旅行会社、宿泊施設で行なえます。

楽天トラベルなどの予約サイトでも簡単に利用ができるので、ぜひ活用しましょう。

商品詳細