SurLuster

日産 ルークス ハイウェイスターでガソリン添加剤の燃費改善の効果を検証してみた!

ルークス
車には税金・保険料・駐車場代・メンテナンス費用など、多くの維持費がかかります。

その中でも、燃費は維持費の気になるポイントの1つ。

燃費を抑える為に、一般的にはエンジンオイルの交換、車両の軽量化、 急発進や急ブレーキを避ける、速度の一定化、アイドリングストップなどが挙げられるかと思いますが、『ガソリン添加剤』を使うのも1つの手。

こちらの記事では、ガソリン添加剤『LOOP パワーショット』を入れて、どれだけ燃費が改善されるかをご紹介します。
Chapter
検証車両の紹介
ガソリン添加剤を入れる前・入れた後で、どれだけ燃費が変わるかを検証
燃費が『1.38km』改善された
燃料代はどれだけ節約できる?
走行時の体感も変わる!
キャンペーン情報

検証車両の紹介

車種 ルークス ハイウェイスター(日産)
排気量 660cc
年式 2012年
総走行距離 95,089km
燃料 ガソリン
燃料種別 レギュラー
タンク容量 30L
今回はこちらの車両にて検証を行いました。

ルークス ハイウェイスターは、日産が販売するコンパクトカーです。
広々とした室内、都市走行に適したサイズであり、燃費効率が良く、様々な用途に対応するための機能が充実しています。

こちらの車両のカタログ値の燃費は『20.8km』となっています。

ガソリン添加剤を入れる前・入れた後で、どれだけ燃費が変わるかを検証

105kmのコース(一般道+高速)を設定し、一定速度を保ち走行します。

【試験1回目】ガソリンを満タンにして、ガソリンのみで走行します。
【試験2回目】パワーショットを入れて、ガソリンを満タンにして走行します。

それぞれの走行距離・燃料使用量から燃費を算出します。(走行距離÷燃料使用量=燃費)

燃費が『1.38km』改善された

  走行距離 燃料使用量 燃費(1L)
1回目 108.5km 5.16L+0.24L※ 20.09km
2回目 108.0km 5.03L 21.47km
パワーショット注入前の燃費が20.09km、注入後が21.47kmとなり、

燃費が『1.38km』改善されました。

カタログ値の燃費20.8kmの燃費も上回る改善が見られました。

※1回目の燃費算出時にはパワーショット給油分0.24Lを加算している為、実際には5.4Lで計算しています。

燃料代はどれだけ節約できる?

年間6,000km走行、レギュラーガソリン171.2円(2024年1月現在の平均価格)を想定した場合

  年間の燃料代 年間の給油量
改善前燃費(1L/20.09km) ¥51,129 298L
改善後燃費(1L/21.47km) ¥47,843 279L

燃料代を年間¥3,286、給油量を19L節約することができます。

走行時の体感も変わる!

検証車両のドライバーによると、『気持ちよく走れました。アクセルを踏んだ時の感覚が良くなった気がします。」とのこと。

エンジン内部が洗浄されることで燃焼効率が上がり、実際に走った際の加速感やアクセルレスポンスの向上が体感できたようです。

キャンペーン情報

シュアラスター公式オンラインショップにてパワーショットがお得に購入できるセールを開催中です。

期間:2月29日(木)23:59まで

パワーショット3本セット¥6,270➡¥5,957
パワーショット5本セット¥10,450➡¥8,569

クーポンコード『LOOP120242』を入力で更に30%OFF

SurLuster

シュアラスターは、1947年、アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチで、創業者のジョセフ・ロビンソンは、化粧品にも使用されている天然素材“カルナバ蝋”を主成分とした自動車ワックスの製造を始めた。49年には「シュアラスター」の名で本格的な販売をスタート。その品質の高さが評判となり、自動車の普及とともに全米でシェアを拡大。68年には市場占有率80%を達成した。翌年にはシュアラスター・ペースとワックス(ブルーワックス)がゼネラルモータースのキャデラック指定ワックスに選ばれ、シュアラスターは世界で最も高級なカーワックスと認められることになった。日本で販売が開始されたのは、国内のモータリゼーションが根付き始めた70年代初頭のこと。その後、現在に至るまでより良い製品を生み出すための歩みを止めない姿勢は、シュアラスターを最高峰のカーワックスメーカーたらしめるとともに、世界中のエンスージアストから愛され続けている理由でもある。

SurLuster
商品詳細