車用エンジンオイルおすすめ20選!車の性能を生かそう【2020年版】

車に使用するエンジンオイルについてご紹介しています。多種多様なエンジンオイルがありますので、車両とのマッチングが重要になります。また、エンジンオイルの役割をはじめ、種類や交換時期などもご覧いただきましょう。ぜひ、愛車のメンテナンスにお役立てください!

Chapter
車用エンジンオイルの役割とは?
車用エンジンオイルの選び方3つ
おすすめの車用エンジンオイル20選を紹介
おすすめ1:Castrol「BPvervis SPORT」
おすすめ2:Castrol「EDGE」
おすすめ3:Castrol 「GTX」
おすすめ4:ENEOS「プレミアムオイル サスティナ」
おすすめ5:Mobil1 「5W30 SN」
おすすめ6:出光興産株式会社「Shell HELIX Ultra」
おすすめ7:TAKUMI「HIGH QUALITY」
おすすめ8:WAKO'S 「4CR-40 5W40 レーシングスペック」
おすすめ9:マツダ「ゴールデンECO」
おすすめ10:76「5W-30 4L 4」
おすすめ11:RIZOIL「GT-RS エンジンオイル」
おすすめ12:ルート産業「エンジンオイル サイレントプラス 5W-30」
おすすめ13:WAKO'S「PRO-S40」
おすすめ14:TAKUMI「0W-20」
おすすめ15:Mobil「エンジンオイル 0W-40」
おすすめ16:モリグリーン「セレクション 5W30」
おすすめ17:JXエネルギー「エンジンオイル ディーゼル 10W-30」
おすすめ18:RESPO「エンジンオイル 86 5W40」
おすすめ19:NISSAN「SMエンデュランス10W50」
おすすめ20:TOYOTA「キャッスルモーターオイル SN GF-5」
車用エンジンオイルでのベースオイルとは?
車用エンジンオイルでおすすめの交換タイミングとは?
愛車のために走り方に合わせたエンジンオイル選択がおすすめ!

車用エンジンオイルの役割とは?

エンジン内の金属部品同士の摩擦軽減、密閉、防錆、温度上昇の防止、カーボン除去といった役割を果たすのが車用エンジンオイルです。

仮に車用エンジンオイルを入れずに走行した場合、「焼き付き」といってエンジンが壊れてしまいますので、車のエンジンオイルは重要なアイテムといえます。メーカーや車種を問わずに車のオイルを入れ忘れたり、交換し忘れたりすると車両が大きなダメージを受けてしまう可能性があります。

エンジンを摩耗や汚れから守る

車用エンジンオイルエンジン内の金属部品の摩耗軽減や、カーボンと異物の除去もしてくれます。

ディーゼルエンジンオイルなどの高性能エンジンオイルではなくても役割は同じですので、エンジンを長持ちさせたいドライバーは、車用エンジンオイルの扱い方を把握しておきましょう。交換サイクルをあげることにより、エンジンがいつでも調子よく回って快適に運転できます。

燃費を向上させる

エンジンオイルは、車両の走行燃費を高める役割をもっています

エンジンの回転がスムーズになるほど、燃費向上となってガソリン代を抑えて走行することも可能です。そのため、各社のオイルメーカー一覧より最適なエンジンオイルを選んで使用することが望ましいといえます。経済面の節約においても、エンジンオイルの選択や交換はよい期待ができるでしょう。

どうして多種多様なのか?

数多いエンジンの型式に沿って専用のエンジンオイルが開発されているため、車用エンジンオイルは多種多様化しています。

車には軽自動車から大型トラックまで数多くの種類がありますので、各車両にもっとも合う良いエンジンオイルを選択することが最善です。トヨタの車であればトヨタ純正オイル、ホンダの車であればホンダ純正オイルの使用はもちろんですが、社外の車用エンジンオイルでも適合すれば使用できます。

車用エンジンオイルの選び方3つ

車に使用するエンジンオイルには3つのおすすめの選び方がありますので、ご覧いただきましょう。

エンジンオイルであれば車に何を入れても大丈夫」ということはありませんので、愛車に合った車用エンジンオイルの使用が必須です。最高のエンジンオイルを入れることで、より快適な走行が実現し、なおかつ愛車を末永く維持することもできるでしょう。

選び方1:自分の車に適した適正粘度で選ぶ

最高級エンジンオイルではなくてもよいですので、車に適した粘度の車用エンジンオイルを使用するのがおすすめです。

エンジンイルには粘度に種類があり車種によって使用できる範囲があるため、大きな相違のある粘度のエンジンオイルを愛車に使うと走行に不具合が生じてしまうこともあります。高性能オイルではなくでも、車両に最適なエンジンオイルを入れましょう。

選び方2:自分の車に適した規格で選ぶ

車用エンジンオイルには規格が設定されていますので、最適な製品を選択しましょう

巷で売られている正規品オイルは、品質ごとにランク分けされてユーザーが安心して車に使用できるようになっています。規格は、メーカーや粘度などと併せて愛車に入れるエンジンオイルの判断材料にもなります。基本的には、メーカー指定のエンジンオイルを愛車に使う事が好ましいでしょう。

■ API規格とは?
エンジンオイルのグレードを表わすのがAPI規格です。「SA」や「CA」といった英字でランク分けされています。現在、オイルは合計で18種にランク分けされていて、ガソリン車、ディーゼル車という大きな2種類にも分別されています。SEからSLという表記のある車用エンジンオイルが現在は主流となっており、販売店でも頻繁に見かけることでしょう。

■ ILSAC規格とは?
車を製造するメーカーとオイルメーカーによって制定された規格がILSACです。粗悪なオイルではなく、「車両に入れて使用しても問題のないオイル」ということをユーザーに理解してもらうためにつくられた規格といえます。正規品ですので、ILSACにて認められたオイルにはマークが記載され、ユーザーに安心してお求めいただけるようになっています。

選び方3:使い切る容量で選ぶ

車用エンジンオイルは、車両に使用するエンジンオイルの容量で選んで購入する方法がおすすめです。

愛車に最適な量を購入して使い切っていく方法が最善です。オイルが余ってしまうと期間や保管場所によっては劣化してしまうこともあるため、エンジンオイルは車両指定の容量で購入しましょう。もしくは、整備工場にオイル交換を依頼するとスムーズです。

おすすめの車用エンジンオイル20選を紹介

ドライバーへおすすめする、20種のエンジンオイルをご紹介していきます。数ある車用エンジンオイルの中から厳選した20種のエンジンオイルですので、いずれも愛車を快適に維持できます。

メーカー純正オイル以外にも、優れた車用エンジンオイルがありますので、次回のオイル交換時に入れ替えてみるのもカーユーザーにとっての楽しみでしょう。

おすすめ1:Castrol「BPvervis SPORT」

Castrol「BPvervis SPORT」

ビーピー(Bp) BP(ビーピー) エンジンオイル vervis SPORT 全合成油10W-50 レーシング 1L [HTRC3]

¥ 1,886〜

レースをするドライバーにもおすすめ!

カストロールの化学合成油「BPvervis SPORT」がおすすめです。

レースをするドライバーにもおすすめできる高品質なエンジンオイルといえます。もちろん日常使用にも使用できるため、オイル交換が近付いているドライバーにもおすすめです。ぜひともレビューを見て参考にし、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ブランド
ビーピー(Bp)
内容量
1L
商品重量
980 g
梱包サイズ
15.8 x 10.8 x 10.6 cm
粘度
10W-50

おすすめ2:Castrol「EDGE」

Castrol「EDGE」

カストロール(Castrol) カストロール エンジンオイル EDGE 5W-30 4L 4輪ガソリン/ディーゼル車両用全合成油 SN/CF/GF-5 Castrol

¥ 2,909〜

最上品質が魅力の化学合成の車用エンジンオイル!

EDGE」は、カストロール社が製造する化学合成の車用エンジンオイルです。

製造元であるカストロールは、常に進化したいいエンジンオイルを売り出しているメーカーですので、硬さなどの研究を経て最上な品質となっている車用エンジンオイルはおすすめです。もしもエンジンオイルの選び方で迷ったならば、カストロール製品を使用してみるとよいでしょう。

ブランド
カストロール(Castrol)
商品重量
3.8 Kg
梱包サイズ
25.7 x 18.3 x 10.8 cm
メーカー型番
2434
粘度
5W-30

おすすめ3:Castrol 「GTX」

Castrol 「GTX」

カストロール(Castrol) カストロール エンジンオイル GTX ULTRACLEAN (旧DC-TURBO) 5W-30 4L 4輪ガソリン車専用部分合成油 SN/GF-5 Castrol

¥ 2,828〜

エンジンの長寿命化に最適!

カストロールの「GTX」は部分合成油の中でも特におすすめです。

エンジンオイルの種類は豊富にありますが、部分合成油でも定評のあるカストロール製品がおすすめできます。あり過ぎるエンジンオイルの種類に悩んでしまったら、まずはカストロールの車用エンジンオイルを入れてみてください。エンジンの長寿命化も実現するでしょう。

ブランド
カストロール(Castrol)
モデル名
CU
商品重量
3.8 Kg
梱包サイズ
25.9 x 18.3 x 10.8 cm
メーカー型番
CU
粘度
5W-30
APIグレード
SAE:5W-30

おすすめ4:ENEOS「プレミアムオイル サスティナ」

ENEOS「プレミアムオイル サスティナ」

エネオス エネオス プレミアムオイル サスティナ 5W-40 4L ENEOS SUSTINA

¥ 4,690〜

輸入車オーナーおすすめの車用エンジンオイル!

ENEOSが生み出す「プレミアムオイルサスティナ」は、輸入車オーナーおすすめの車用エンジンオイルです。

プレミアムオイルサスティナは、一流ブランドのENEOSが発売している車用エンジンオイルで、特にメルセデスベンツやBMWなどにおすすめできるとENEOSも謳っています。輸入車のエンジンにも相応しいとして生み出された車用エンジンオイルですので、輸入車好きなユーザーへおすすめです。

ブランド
エネオス
商品重量
3.8 Kg
梱包サイズ
24.8 x 18.2 x 10.6 cm
メーカー型番
サスティナ 5W-40
粘度
5W-40

おすすめ5:Mobil1 「5W30 SN」

Mobil1 「5W30 SN」

モービル(Mobil) Mobil1 モービル1 エンジンオイル Mobil SN PLUS / GF-5 5W-30 / 5W30 4L缶

¥3,667〜

粘度の種類も選択できる!さまざまなエンジンに対応

おすすめの車用エンジンオイル「5W30 SN」を愛車に入れてみましょう。

粘度の種類も選択できるため、各種エンジンにおすすめできる車用エンジンオイルです。安心のモービル製品ですので、車用エンジンオイルの中でも高品質で安心して使用できるおすすめのケミカル品でしょう。

粘度
5W-30
APIグレード
SN PLUS, SN

おすすめ6:出光興産株式会社「Shell HELIX Ultra」

出光興産株式会社「Shell HELIX Ultra」

Shell ( シェル ) Shell HELIX Ultra ヒリックス ウルトラ 5W40 4L 100%化学合成オイル ( 国内正規品 )

¥ 5,610〜

ハイスペックなエンジンオイルをお探しの方必見!

出光興産株式会社が販売している「Shell HELIX Ultra」は、100%化学合成油の車用エンジンオイルです。

ハイスペックなエンジンオイルを入れたいドライバーへ推奨しています。出光興産株式会社の製品には、多くのおすすめできる車用エンジンオイルがありますが、化学合成の車用エンジンオイルが好きなドライバーも納得できるしょう。

ブランド
Shell ( シェル )
商品重量
3.73 Kg
梱包サイズ
25.6 x 18.4 x 11.2 cm
製造元リファレンス
SN 5W-40
粘度
5W-40

おすすめ7:TAKUMI「HIGH QUALITY」

TAKUMI「HIGH QUALITY」

TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN) エンジンオイル 4L 5W-30 化学合成油HIVI TAKUMIモーターオイル 送料無料 HIGH QUALITY

¥ 3,900〜

コスパ◎長期間のメンテナンスをサポート!

TAKUMI製品は、ハイクオリティでありながらコスパも高いカーオイルです。

継続したカーメンテナンスにもおすすめできるエンジンオイルの1つであり、低価格エンジンオイルの代表TAKUMI「HIGH QUALITY」は、愛車を長期間、経済面でもサポートしてくれるエンジンオイルですので、これから車を購入する方へもおすすめできます。

ブランド
TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)
モデル名
HQ0530-00401
商品重量
3.76 Kg
梱包サイズ
12 x 20 x 28 cm
メーカー型番
HQ0530-00401
商品の寸法
奥行き × 幅 × 高さ 12 x 20 x 28 cm
粘度
5W-30
APIグレード
SN・GF-5
年式
2011

おすすめ8:WAKO'S 「4CR-40 5W40 レーシングスペック」

WAKO'S 「4CR-40 5W40 レーシングスペック」

ワコーズ(Wako's) ワコーズ 4CR-40 フオーシーアール 5W40 レーシングスペックエンジンオイル E440 1L E440 [HTRC3]

¥ 3,328〜

5W30の車用エンジンオイル!

おすすめの車用エンジンオイルWAKO'S 「4CR-40 5W40 レーシングスペック」はとにかく高品質です。

こちらは化学合成油の4リットル、5W30の車用エンジンオイルですので、適合車にはおすすめできます。品質が売りのワコーズですので、車用エンジンオイル以外のメンテナンス用品もおすすめです。

ブランド
ワコーズ(Wako's)
商品重量
962 g
梱包サイズ
20.2 x 12.2 x 6.2 cm
メーカー型番
E440
粘度
5W-40

おすすめ9:マツダ「ゴールデンECO」

マツダ「ゴールデンECO」

マツダ マツダ「ゴールデンECO」

¥11,521

燃費が気になる方におすすめ

ゴールデンECOは環境にやさしい省燃費オイルです。低粘度のオイルなので、エンジンに余計な負担をかけません。またモリブデンが多く含まれているため、エンジン内の摩擦が少なくパワーロスも少なくなります。

メーカー
マツダ(MAZDA)
ブランド
マツダ
製造元リファレンス
K020-W0-514E
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
粘度
0W-20

おすすめ10:76「5W-30 4L 4」

76「5W-30 4L 4」

76(ナナロク) 76「5W-30 4L 4」

¥2,720

エンジン故障につながるような直噴ターボエンジンの低速早期着火の発生を抑える

「ナナロク」の愛称でしられている、76LUBRICANTSはハイパフォーマーで省燃費性能にも優れたエンジンオイルになります。車の効果的な潤滑や冷却、保護をもたらして、車の信頼性や効率性を最大化してくれます。

メーカー
76(ナナロク)
ブランド
76(ナナロク)
モデル名
SJL76002
梱包サイズ
24.38 x 18.29 x 10.92 cm
商品モデル番号
SJL76002
外装状況
塗ってある
付属品
なし
粘度
5W-30
認定
なし
商品の重量
3.74 kg

おすすめ11:RIZOIL「GT-RS エンジンオイル」

RIZOIL「GT-RS エンジンオイル」

RIZOIL RIZOIL「GT-RS エンジンオイル」

¥11,220

過走行車におすすめの鉱物オイル

モータースポーツに使用する車両など、冷却性を求められる過酷な環境で使用する車にも使用されます。

旧車や走行距離がわからないようなビンテージの車、過走行車におすすめの鉱物オイルです。10万kmを超えるエンジンにも使用可能です。ディーゼルエンジンに対応しています。

メーカー
株式会社NAO2&4
ブランド
RIZOIL
梱包サイズ
24.89 x 18.29 x 10.41 cm
製造元リファレンス
GT-RS
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
粘度
20W-50
商品の重量
3.9 kg

おすすめ12:ルート産業「エンジンオイル サイレントプラス 5W-30」

ルート産業「エンジンオイル サイレントプラス 5W-30」

ルート産業(Routsangyou) ルート産業「エンジンオイル サイレントプラス 5W-30」

¥2,485

オールマイティなエンジンオイル

エンジンオイル サイレントプラスはオールマイティなエンジンオイルで金属同士の摩擦を減らし、車種を選ばず利用できます。4輪ガソリン車用であるので、2輪車には使用できないのでご注意下さい。

メーカー
ルート産業(Routsangyou)
ブランド
ルート産業(Routsangyou)
モデル名
4903430225158
梱包サイズ
21.4 x 17.8 x 11.6 cm
商品モデル番号
4903430225158
粘度
5W-30
APIグレード
SN
商品の重量
2.86 kg

おすすめ13:WAKO'S「PRO-S40」

WAKO'S「PRO-S40」

ワコーズ(Wako's) WAKO'S「PRO-S40」

¥1,800

小排気性の2輪車から大排気性の4輪車まで幅広い車種に対応

新世代ベースオイル技術の3Dテクノロジーによって開発された、4サイクルエンジンオイルになります。

メーカー
ワコーズ(Wako's)
ブランド
ワコーズ(Wako's)
梱包サイズ
19.8 x 11.5 x 6.2 cm
商品モデル番号
E230
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
粘度
10W-40
商品の重量
1.02 kg

おすすめ14:TAKUMI「0W-20」

TAKUMI「0W-20」

TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN) TAKUMI「0W-20」

¥4,300

相反する2つの性能を実現しているおすすめのエンジンオイル

柔らかい粘度特性をもち、最新のスポーツカーはじめハイブリッド車にも適した車用エンジンオイルです。また、最新ベースオイルにPAOを配合することで基本特性を高め、独自の添加剤技術で相反する2つの性能を実現しているおすすめのエンジンオイルです。

粘度
0W-20
ブランド
TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)
液体容量
4 リットル

おすすめ15:Mobil「エンジンオイル 0W-40」

Mobil「エンジンオイル 0W-40」

モービル(Mobil) Mobil「エンジンオイル 0W-40」

¥7,767

エンジン内をクリーンに保ってエンジンを摩耗から守る

優れたパフォーマンスをさまざまな条件下において発揮する、おすすめの先進高性能合成エンジンオイルです。0W-40という幅広い粘度特性で、さまざまな条件下におけるエンジン保護性能と快適なドライビングを提供してくれます。

メーカー
モービル(Mobil)
ブランド
モービル(Mobil)
モデル名
117491
梱包サイズ
24.89 x 18.03 x 10.67 cm; 3.74 Kg
商品モデル番号
117491
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
粘度
0W-40
APIグレード
SN
商品の重量
3.74 kg

おすすめ16:モリグリーン「セレクション 5W30」

モリグリーン「セレクション 5W30」

モリグリーン(Moly Green) モリグリーン「セレクション 5W30」

¥3,455

ディーゼルエンジン車用エンジンオイル

粘度5W-30の、おすすめのディーゼルエンジン車用エンジンオイルです。また、JASO DL-1規格を取得しており、DPFを装着したDL-1指定車に適合しています。

メーカー
モリグリーン(Moly Green)
ブランド
モリグリーン(Moly Green)
モデル名
0470125
梱包サイズ
24.38 x 18.03 x 10.67 cm
商品モデル番号
0470125
粘度
5W-30
APIグレード
JASO DL-1
商品の重量
3.81 kg

おすすめ17:JXエネルギー「エンジンオイル ディーゼル 10W-30」

JXエネルギー「エンジンオイル ディーゼル 10W-30」

JXエネルギー JXエネルギー「エンジンオイル ディーゼル 10W-30」

¥5,900

JASOのDH-2規格に適合しているディーゼルエンジンオイル

DPFなどの、排ガス後処理装置に対応しています。高性能分散剤が配合されていることや、マルチグレード油なのでシングルグレード油より燃費を低くすることができます。

メーカー
JXエネルギー株式会社
ブランド
JXエネルギー
製造元リファレンス
JX ディーゼル DH-2/CF-4 15W-40
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
粘度
15W-40

おすすめ18:RESPO「エンジンオイル 86 5W40」

RESPO「エンジンオイル 86 5W40」

RESPO RESPO「エンジンオイル 86 5W40」

¥8,861

よりよいエンジンパフォーマンスを維持

内容量が5.5Lと多いので、長く使えます。5W-40なので粘度は硬すぎないオイルです。油膜を強くしたり、耐熱性を向上する成分が配合されてるので、よりよいエンジンパフォーマンスを維持できます。

メーカー
RESPO
ブランド
RESPO
梱包サイズ
20.4 x 19.2 x 19 cm; 5.22 Kg
製造元リファレンス
5W40
Is Discontinued By Manufacturer
いいえ
粘度
5W-40
商品の重量
5.22 kg

おすすめ19:NISSAN「SMエンデュランス10W50」

NISSAN「SMエンデュランス10W50」

NISSAN(ニッサン) NISSAN「SMエンデュランス10W50」

¥4,600

サーキット走行や本格的なスポーツ走行にオススメ

ル・マン24時間耐久レースを走りぬいたGTR-LMに使用されていたベースオイルを使用した、おすすめの化学合成エンジンオイルです。

メーカー
NISSAN
ブランド
NISSAN(ニッサン)
製造元リファレンス
KLAM4-10504
粘度
10W-50

おすすめ20:TOYOTA「キャッスルモーターオイル SN GF-5」

TOYOTA「キャッスルモーターオイル SN GF-5」

トヨタ/タクティー/TACTI TOYOTA「キャッスルモーターオイル SN GF-5」

¥1,590

高いエンジン保護性能を実現

高品質基油をベースとして、高いエンジン保護性能を実現した、おすすめのエンジンオイルです。交換直後はもちろん、持続性にも優れているので、燃料を節約しながらエンジンをしっかりと保護して省燃費性能は愛車のエンジンを新車のように保ってくれます。

メーカー
トヨタ/タクティー/TACTI
ブランド
キャッスル
製造元リファレンス
08880-10606
粘度
5W-20

車用エンジンオイルでのベースオイルとは?

車両に入れるベースオイルというのは鉱物油合成油という2種類あり、添加剤を入れていないオイルを指します

車用エンジンオイルには多様な種類がありますが、基本的には鉱物油と合成油に分けられ、それらに添加物をブレンドして各社オリジナルのエンジンオイルを生産しています。そのため、粘度や性能面においても豊富な種類が生み出されており、愛車に合った車用エンジンオイルを選別することが可能です。

■ 鉱物油とは?
鉱物油は、昔の機構をもったエンジン型式に最適なエンジンオイルです。ヴィンテージと呼ばれる車両をはじめ、近年の車両にも用いることがあります。自動車オイルメーカーによって各車両へ推奨している粘度が異なるため、メーカーに問い合わせて最適な鉱物油のエンジンオイルを使用しましょう。仮に鉱物油で十分なエンジンに化学合成油などの高品質なオイルを使用しても、車両がグレードアップすることはありません。

■ 部分合成油とは?
鉱物油に少量の化学合成油をブレンドしたエンジンオイルを部分合成油と呼んでいます。バイクや自動車エンジンオイル用としても販売していますので、メーカーの指定があれば部分合成油をエンジンに入れて走行しましょう。部分合成油は省燃費オイルでもあり、価格としても鉱物油に近い低価格帯の製品が多く、使い方によっては経済的な面でもおすすめです。

■ 化学合成油とは?
最新技術にて開発された現行車両や、カーレースなどをする際に最適な超高級エンジンオイルです。エンジンオイルの中でもっとも品質がいいオイルとされ、価格も高額傾向なのが化学合成油ですので、用途も限られています。一般的な走行ではあまり必要はなく、部分合成油でも十分に愛車をスムーズに走らせることができるでしょう。

車用エンジンオイルでおすすめの交換タイミングとは?

走行距離5,000㎞ほどが標準的なオイル交換のサイクルです

もしくは、1年に1度はオイル交換することをおすすめします。走行スタイルなどによっても変動するのがオイル交換のタイミングですが、早ければ早いほどエンジンにとって最善な環境をキープすることができるでしょう。距離や期間と併せて、エンジンオイルの色や劣化具合を見ながら交換時期を判断することも大切です。

愛車のために走り方に合わせたエンジンオイル選択がおすすめ!

今回は、車用エンジンオイルについて見てきましたが、愛車の使用頻度や乗り方によっても最適な車用エンジンオイルが異なりますので、不明な場合はオイルメーカー、ディーラー、整備士へ問い合わせてみましょう。

昨今、数え切れないほどに車専用のエンジンオイルが売られています。車も多くの種類があるため、よりよいマッチングを知るには専門家のアドバイスを取り入れて、最高のドライブとメンテナンスも楽しみましょう。