車の買い替えは車検前・後どちらがお得? 最適なタイミングとは

車

※この記事には広告が含まれる場合があります

車に乗る限り、避けられない出費のひとつが車検です。

「車を売却することに決めたから、もう車検も受けなくていい!」と思っている人も多いのでは。しかし、車検は査定時にプラスになる項目のひとつです。

少しでも高く車を売るために、やはり車検は受けたほうが良いのでしょうか?

車の売却前に車検を受けるかどうかは、車検にかかる費用と査定時のプラス金額を比べて検討することが必要です。

今回は一般的な車検費用と査定時の加算額の目安についてお伝えします。買い替えた車の車検についてもまとめましたので、総合的な収支がイメージできますよ!

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
車の買い替え前には車検を受けないほうがお得!
車検を受ける前に車を売却するメリット・デメリットとポイント
車検を受けた後に車を売却するメリット・デメリット
車検にかかる費用は?
買い替え前に車検を受けるなら、楽天Car車検がおすすめ
車検が重視されるかどうかは業者の販路によっても違う
車の買い替えには一括査定がおすすめ!
車検の費用と扱いを正しく把握し、お得な買い替えを目指そう!
車を高く、早く売るならカーネクスト

車の買い替え前には車検を受けないほうがお得!

車の買い替えを検討したときには、基本的に車検を受けずにそのまま売却することをおすすめします。

車検にかかる費用は査定額のプラス分を上回ることが多く、結果的に損をするケースが多いからです。

車検は一見すると車の価値を上げる要素に思えますが、車検費用は数万円から10万円程度かかることが一般的です。

車検費用が査定額の上昇額を上回ることは基本的にありません。

特に年代の古い車や修復歴のある車はパーツのリサイクルや海外輸出にまわされることもあり、車検の残り期間はほとんど考慮されないケースも。

ただし売却時期が未定の場合やまだしばらく車を使う予定があるときは、通常通り車検を受けてメンテナンスをしておくほうが良いかもしれません。

車の買い替え時には、総合的な費用と効果を考慮して、車検を受けるかどうかを決めましょう。

車検の残り期間による、査定へ加算額

前述のとおり、車検の残り期間が長いほど査定額は上がります。では実際には、どの程度査定額が変わるのでしょうか。

査定の基準となる日本自動車査定協会(JAAI)の数値では、車検の残り期間が4ヶ月ある場合の「乗用車系」で、最大3,000円程度の加点を設定しています。

さらに車検の残り期間が36ヶ月あると、査定額は最大で10万6,000円のプラスです。この水準であれば、車検費用が安く済めば、利益が出るかもしれません。

ただし、査定額は車検の長さだけでは決まりません。最終的な車の価値は車種や年代、走行距離などが大きな影響を及ぼします。

車検を受ける前に車を売却するメリット・デメリットとポイント

それでは、車検を受けた後に車を売却する場合と受ける前に売却する場合とで、それぞれの状況を比較してみましょう。

まず、車検を受ける前に車を売却するケースについて詳しく見てみましょう。

売却時には費用のほか、かかる手間や時間についても考慮する必要があります。

また、車検が切れている場合に注意してほしいポイントについてもまとめました。

車検を受ける前に車を売却するメリット

車検を受ける前に車を売却するメリットは、車検費用が節約できることです。

車に乗り続ける場合でも、車検の費用は必要な出費です。

車検切れ直前の車を売り、車検の残り期限が長い車に買い替えることができれば、それだけ維持費が少なくなります。

車検に関する手間や手続きが必要ないことも踏まえると、早く、手間なく車を売りたい人にもメリットが大きい方法です。

車検を受ける前に車を売却するデメリット

数千円ではありますが、車検を受けてから査定に出した方が査定額は上がります。

また、車検が切れている場合は、査定の方法が限定されます

買取を依頼できるのは出張査定を行っている店舗に限定され、場合によっては出張費がかかるなど、売却時の選択肢が狭まることがデメリットです。

ポイント:車検切れの車は持ち込み査定ができない

前述のように、車検が切れた車は公道を走ることができません。

どうしても車に乗りたいときには、仮ナンバープレートの発行を受ける必要があります。

仮ナンバープレートの使用には、自賠責保険への加入が必要です。

長く放置して保険が切れている車の場合は、さらに保険費用も加算されることになります。

どうしても持ち込みでの査定を受けたいときには、こうした手間がかかるのも車検が切れた場合のデメリットです。

出張査定が可能かどうかは、業者によって違います。

多くの業者は無料での出張査定を行っていますが、対応店舗が近くにない場合は査定がスムーズにいかないこともあるかもしれません。

また、出張査定は事前に買取業者と日程調整等を行う必要があります。そうしたやり取りを極力避けたい人には、やはり持ち込みでの査定が便利です。

売却する予定の車は、できるだけ車検が切れる前に査定に出しましょう。

車検を受けた後に車を売却するメリット・デメリット

次に、査定前に車検を受ける場合のメリットやデメリット、ポイントを紹介します。

車検を受けた後に車を売却するメリット

車検を受けた後で車を売却する主なメリットは、やはり車の査定額がプラスになることです。

車検前に売却するかわからない場合は、車検を受けたほうが良いです。

さらに、買取業者の選択肢が広がることもメリットのひとつ。

車検の残り期間が長い車は、買取業者にとっても利益の出やすい商品です。

「車検の残り期間が長い」という付加価値が就くことで、より幅広い業者が買取を希望するようになるかもしれません。

業者同士が買取を競うことで、さらに買取価格が上がりやすくなります。

車検を受けた後に車を売却するデメリット

デメリットは、車検費用が高額になることがある点です。

車検の依頼や手続きもしなくてはいけません。さらに車検中は代車の使用を余儀なくされるなど、総合的にはかなりの手間がかかります。

とはいえ車検が切れると、車は公道を走ることはできません。

査定を受ける際にも店頭への持ち込みができなくなるので、出張査定を依頼する必要があります。

持ち込みでの査定を希望する場合は、車検が切れる前に行いましょう。

車検にかかる費用は?

車検費用は車によって異なりますが、軽自動車であれば5万円以上、普通車では10万円以上かかることも珍しくありません。

ただ、最低限の点検と整備だけで済ませる場合には数万円で車検を受けられる業者もあります。

また、ポイント加算やキャンペーンを利用すれば、お得に車検を受けられることも。

「査定額を上げる」ことだけが目的であれば、こうしたサービスを利用して車検費用を安く抑えるのがおすすめです。

買い替え前に車検を受けるなら、楽天Car車検がおすすめ

Rakuten

楽天Car車検

車検業者を比較できる

売却前に車検を受けたいときは、できるだけ手間がなく、お得に利用できるサービスを選ぶことが重要です。

楽天Car車検は車検業者を比較できるサービスです。

車検の概算費用がわかりますのでお得な業者が探せますし、車検を受けると楽天ポイントが500ポイントもらえてお得です。

店舗ごとにお得なキャンペーンも開催されています。

特にふだんから楽天サービスを利用している人にとってはメリットが大きくなります。

楽天Car車検はネットから事前見積もりを申し込み、車検業者と日程調整をしたら、あとは必要な書類を持って当日店舗に向かうだけ。

車検にかかる費用は軽自動車が2万円台、普通乗用車が4万円台で実施できる店補も。

アフターサービスも充実しているので、売却予定時期がまだ先という人にもおすすめです。

車検基本料
店舗により異なる
車検スピード
店舗により異なる
店舗数
5,600以上掲載
地域
全国
土日祝対応
店舗により異なる
クレジットカード対応
店舗により異なる

車検が重視されるかどうかは業者の販路によっても違う

車の査定額を決める大きな要素のひとつに、買取業者の販路があります。

買い取った後の車が次にどの売却ルートに乗せられるかが、査定時に重視される項目に影響するのです。

そうした要素は、車検の残り期限に関する考え方にも反映されます。

車検が重視される場合

たとえば、業者が主に国内市場で車を販売する場合、車検の残り期間は非常に重要な要素となります。

新たに購入するユーザーにとって、車検の残り期間はその後の維持費用を考慮する上で大きな要素となるからです。

そのため国内市場向けに販売する業者は、車検の残り期間が長い車を高く評価する場合があります。

車検が重視されない場合

一方で買取業者が主に海外市場へ車を輸出する場合には、車検の残り期間はそれほど重視されません。

海外での車の使用には、日本の車検制度とは異なる規制や法律が適用されるからです。

こうした業者にとっては、車のメカニカルな状態や外装・内装の状態、ブランドやモデルの人気度などが、査定額を左右する重要な要素となります。

また、車をパーツとしてリサイクルする業者にとっても車検の残り期限は関係ありません。

こうした業者に車を売却する際には、車検を受けても査定額には反映されないのです。

特に車検の期間が長く残っている車は、その価値をしっかり活かしてくれる業者を探しましょう。

車の買い替えには一括査定がおすすめ!

車を高く売るためには、複数の業者が簡単に比較できる一括査定サイトの利用がおすすめです。

一括査定には、業者ごとに異なる特徴やサービスがあります。自分にとって使いやすいサイトを選びましょう。

ここではシステムに特徴があり、簡単で、安心して利用できるおすすめの一括査定サイトを紹介します。

MOTA

MOTA車買取

電話が多くなりすぎない

MOTA車買取の利用者は車の情報をインターネット上で入力することで、最大20社の業者によるオークションを受けることができます。

MOTA車買取を利用すると、ユーザーは実際の査定が行われる前に査定金額の概算を得ることが可能です。

買取価格のおおよその目安をつかむことで、売却契約を結ぶ際の買取業者との交渉もスムーズに進みやすくなります。

また、提示された金額が満足できなければ、査定に進む前に手続きをキャンセルすることもできます。

さらにMOTA車買取では概算査定額が申請の翌日にリストアップされ、その中からもっとも高額な査定額を提示した3つの業者のみが利用者と交渉する権利を得る仕組みです。

一般的な一括査定サービスでは、多数の業者が早急に利用者と接触を図るため、連続した営業電話が発生する傾向があります。

これは「営業電話ラッシュ」と呼ばれ、一括査定サービスの欠点として挙げられる問題です。

MOTA車買取のシステムなら多数の業者とやり取りする必要がなく、ストレスの少ない売却がかないやすくなります。

こうした仕組みによって、初めての売却でも安心して利用できることがMOTA車買取の大きな魅力です。

通常の一括査定
オークション形式
提携買取業者数
500社以上
大手買取業者との提携
7社 / 8社中
同時査定依頼数
20社
手数料
なし
営業電話対策
業者選択可否
JPUC監修
-
対応地域
全国

リクルート

カーセンサー

 

最大30社の査定を受けられる

カーセンサーはネットからの申請で最大30社から同時に査定を受けられ、複数の業者を手軽に比較できることが特徴です。

カーセンサーの一括査定サービスには1,000社以上の業者が参加しており、自分の希望に合った業者を見つけやすいのがうれしいところ。

大手ならではの利用しやすさと安心感が、カーセンサーの大きな魅力となっています。

さらにカーセンサーのサービスでは、オークション形式での販売も選択できます。

この方法では先に査定を受け、その結果に基づき最大5,000社の業者が入札する流れです。

業者とのやり取りは査定の段階での一度だけで、その後は業者間の価格競争を待つだけで済む手軽さが人気を集めています。

オークション方式の欠点は、申請から引き取りまでに時間が必要なこと。

迅速に車を手放したいと考える場合は、一括査定を利用しましょう。

通常の一括査定
オークション形式
提携買取業者数
一括査定形式:700社以上、オークション形式:5,000社以上
大手買取業者との提携
8社 / 8社中
同時査定依頼数
30社
手数料
なし
営業電話対策
業者選択可否
JPUC監修
対応地域
全国

株式会社プロトコーポレーション

グーネット買取

自分で依頼する業者を選べる

グーネット買取でも、営業電話の頻度を軽減する工夫がみられます。

通常の一括査定サービスは多数の買取業者にユーザーの連絡先が提供され、各業者からの電話やメールにより交渉が開始される仕組みです。

業者を探す手間が省ける一方で、煩わしい営業電話も増えることになるのが一括査定のデメリットでした。

グーネット買取では、オンラインで自動車の買取相場価格を確認した後、ユーザーが自ら査定を依頼する業者を選ぶ手順になっています。

入力した車の情報をもとに高額な査定額が出やすい店舗が表示され、ユーザーは評価やランキングを比較しながら最適な買取業者を選択できるのが特徴です。

各業者を確認し、選定するプロセスは時間を要するかもしれません。しかし、満足度の高い販売には、信頼できる業者の選定が重要な要素です。

過去の車の売却に不満があった人や、業者選びに失敗したくない人におすすめのサービスです。

通常の一括査定
◯※厳密には一括査定ではない
オークション形式
提携買取業者数
300社以上
大手買取業者との提携
7社 / 8社中
同時査定依頼数
10社以上
手数料
なし
営業電話対策
業者選択可否
JPUC監修
対応地域
全国

車検の費用と扱いを正しく把握し、お得な買い替えを目指そう!

車の買い替えを検討する際、車検の有効期間が残っていると査定額は上がりやすくなります。

しかし車検の費用とその加算ぶんを比較すると、損になることが多く、基本的には、車検を受ける前に車を売却したほうがお得です。

しかし「いますぐではなく、いつか売りたい」と考えている車なら、きちんと車検を受け、大切に整備しながら乗ることも重要となります。

車の売却における車検のメリットとデメリットを把握し、自分にとってももっともお得な買い替えを目指しましょう。

車を高く、早く売るならカーネクスト

株式会社カーネクスト

カーネクスト

どんな車も0円以上で買取!

カーネクストは「どんな車も買うわ!」というCMでおなじみの車買取サービスです。

長く走った車も、動かない車も、もちろん普通の車も0円以上で高価買い取りを謳っています。

電話で査定額がわかり、車を早く売れるため、車を早く手放したい人にもピッタリのサービスです。

商品詳細
車買取カーネクスト 今すぐ無料査定